位置情報を活用した「観光ソリューション」…スマホゲームで観光地をPR 画像 位置情報を活用した「観光ソリューション」…スマホゲームで観光地をPR

インバウンド・地域活性

 スマホゲームが地方自治体の観光客誘致に活用されている。株式会社マピオン(東京都港区)は2日、同社が運営するスマートフォン用アプリ「ケータイ国盗り合戦」内のデジタルスタンプラリー「スタンプラリーコレクション」で、秋田県能代市の観光スポットを巡る新コースを発表した。

 このアプリはスマホの位置情報機能を活用して、実際に訪れた土地をゲーム内で“国盗り”の領地として登録するスタンプラリーゲーム。同社によれば、地方自治体による観光振興を目的とした「スタンプラリーコレクション」の活用は、これが初の試みだという。

 今回、能代市の魅力を満喫できる観光スポットを市がセレクト。砂防林として知られる「風の松原」などの海岸エリアを巡る「海と風を感じるコース」のほか、「能代バスケミュージアム」「道の駅ふたつい」などを巡る「山と歴史に触れるコース」の2コースが用意された。各コースで全ての場所を訪れると、能代市ゆかりの賞品当たる抽選に参加できるという。

 ゲームを活用した観光客誘致。同社では、今後も位置情報を活用した『観光ソリューション』を、自治体や観光事業者向けに展開していくとしている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

    東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

  3. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

  7. 八重洲二丁目中地区再開発、インターナショナルスクール誘致も

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  10. 北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

アクセスランキングをもっと見る

page top