自民・公明がTPP関連法案了承、肉用牛肥育経営安定特別対策事業

インバウンド・地域活性

 自民、公明両党は29日、今国会に提出される環太平洋連携協定(TPP)の承認案と、国内対策などに必要な関連法案をそれぞれのTPP対策本部で了承した。衆参両院で過半を占める与党の了承で、今国会でTPPが承認される可能性が非常に高まった。ただ国会審議では、与党が率先して政府に情報開示を求め、承認に伴う責務を果たす必要がある。
 両党が了承したのは、TPPの承認案と、肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン)の法制化などの関連法案。関連法案は11法案を一括し、1本の法案として提出する。政府は8日にも閣議決定する。国会は3月中旬にも衆院に特別委員会を設置し、2016年度予算成立後の4月に審議に入る見通しだ。

 自民党は同日、TPP総合対策実行本部と関係部会の合同会議を開催。本部長の稲田朋美政調会長は「今通常国会で協定承認と関連法案の成立を図る必要がある」と指摘。出席した石原伸晃TPP担当相は「(農村部などでの)不安の声には真摯(しんし)に耳を傾け(国内対策の)着実な実行で理解をいただいていかなければならない」と述べた。

 公明党も同日、TPP総合対策本部と関係部会の合同会議で了承した。総合本部長の井上義久幹事長は「関連法案を含めて結論を出し、国会に出さなければならない段階を迎えた」と述べた。

 ただ今国会でのTPPをめぐる議論は、甘利明前TPP担当相の辞任もあり、深まっていない。また米国では、大統領選の主要候補や議会内に反対・慎重派が多く、協定の発効時期は不透明だ。

TPP関連法案了承 自民、公明両党

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

    取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

  3. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

    日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  4. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  5. ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  8. 露天の湯船で迎えるご来光!! 冬のほったらかし温泉/日の出1時間前から営業

  9. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  10. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

アクセスランキングをもっと見る

page top