北海道新幹線開業に向け、イベントや新店オープン情報が続々 画像 北海道新幹線開業に向け、イベントや新店オープン情報が続々

インバウンド・地域活性

 いよいよ今月の26日に迫った北海道新幹線の開業。これにあわせ、地元の函館では26日、27日の2日間、JR函館駅前特設会場で記念イベント「つながるニッポン祭り」を開催。都内の「ローソン京橋駅前店」の中にある函館市のアンテナショップでは、19日~4月3日に新幹線関連商品や青函エリアのコラボ商品の販売、新幹線関連のノベルティグッズ配布や試食会を開催する。

 続々とイベント情報や開店情報がにぎわっているなか、新たに新函館北斗駅での併設を予定している「北斗市観光交流センター」が12日・13日にプレオープンし、19日にグランドオープンすると発表があった。

 1階には地域の特産品を販売するアンテナショップの「ほっとマルシェ おがーる」と、市民ギャラリーとして「ほっとギャラリー(市民ギャラリー)」がオープン。2階には駅弁メーカーの有名店「吉田屋」直営による飲食・休憩スペース「BENTO CAFE 41°GARDEN」と、「北斗市観光案内所」が開設する。

 また、都内の東急百貨店吉祥寺店では、10日~16日に「春の北海道展」を開催するが、その中では北斗市特集コーナーを開設。北斗市公式キャラクター「ずーしーほっきー」の関連グッズや弁当などを販売するほか、12日・13日には「ずーしーほっきー」が店内のいずれかに出没するという。こうした取り組みが、北海道新幹線の開業や沿線のPRにつながることに期待したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  8. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top