ものづくりの成長分野、対話ロボットで新たな製品が! 画像 ものづくりの成長分野、対話ロボットで新たな製品が!

インバウンド・地域活性

 ロボットスタートは1日、MJIと業務提携契約を締結したと発表。MJIが開発するロボットの市販化を目指す。

 MJIは、2015年7月の会社設立以来、コミュニケーションロボットを開発。現在は家庭用コミュニケーションロボットの「Tapia」と「Type02」の開発を進めている。一方のロボットスタートは、ロボットアプリの開発やロボットアプリデベロッパーネットワークの構築などを展開している。

 今回の業務提携により両社の強みをいかし、「Tapia」と「Type02」の市販化の実現を目指す。ハードウェアとソフトウェア両面の完成度を高めるほか、MJIのロボット開発環境を整備し、アプリデベロッパーに向けて公開することで、ソフトウェアのさらなる充実を図る。

 ロボットスタートは昨年11月にも、ヒト型コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を開発するヴイストンと業務提携を締結している。今回のMJIとの提携により、「Sota」のほか「Tapia」や「Type02」と、コミュニケーションロボットの開発が次々に加速していく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. イノシシ侵入防止!ネット×電気柵の新作

    イノシシ侵入防止!ネット×電気柵の新作

  2. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

    【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  3. 日本橋、世界に通じる“ディープ問屋街”を目指す!

    日本橋、世界に通じる“ディープ問屋街”を目指す!

  4. 本日の新聞から:燃費はプリウス以上? ヒュンダイの新型HV発表

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  6. サミットから始まる人の縁、三重で進む移住プロジェクト

  7. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  8. 【フォトレポート】日本一さびしい空港最寄駅!?

  9. アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

  10. 鳥獣害の状況をマップ化するソフト…対策に活用

アクセスランキングをもっと見る

page top