ものづくりの成長分野、対話ロボットで新たな製品が! 画像 ものづくりの成長分野、対話ロボットで新たな製品が!

インバウンド・地域活性

 ロボットスタートは1日、MJIと業務提携契約を締結したと発表。MJIが開発するロボットの市販化を目指す。

 MJIは、2015年7月の会社設立以来、コミュニケーションロボットを開発。現在は家庭用コミュニケーションロボットの「Tapia」と「Type02」の開発を進めている。一方のロボットスタートは、ロボットアプリの開発やロボットアプリデベロッパーネットワークの構築などを展開している。

 今回の業務提携により両社の強みをいかし、「Tapia」と「Type02」の市販化の実現を目指す。ハードウェアとソフトウェア両面の完成度を高めるほか、MJIのロボット開発環境を整備し、アプリデベロッパーに向けて公開することで、ソフトウェアのさらなる充実を図る。

 ロボットスタートは昨年11月にも、ヒト型コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を開発するヴイストンと業務提携を締結している。今回のMJIとの提携により、「Sota」のほか「Tapia」や「Type02」と、コミュニケーションロボットの開発が次々に加速していく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

    歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  6. 桜美林学園が新宿区に新キャンパス整備、財務省から土地と建物を取得

  7. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

アクセスランキングをもっと見る

page top