ものづくりの成長分野、対話ロボットで新たな製品が! 画像 ものづくりの成長分野、対話ロボットで新たな製品が!

インバウンド・地域活性

 ロボットスタートは1日、MJIと業務提携契約を締結したと発表。MJIが開発するロボットの市販化を目指す。

 MJIは、2015年7月の会社設立以来、コミュニケーションロボットを開発。現在は家庭用コミュニケーションロボットの「Tapia」と「Type02」の開発を進めている。一方のロボットスタートは、ロボットアプリの開発やロボットアプリデベロッパーネットワークの構築などを展開している。

 今回の業務提携により両社の強みをいかし、「Tapia」と「Type02」の市販化の実現を目指す。ハードウェアとソフトウェア両面の完成度を高めるほか、MJIのロボット開発環境を整備し、アプリデベロッパーに向けて公開することで、ソフトウェアのさらなる充実を図る。

 ロボットスタートは昨年11月にも、ヒト型コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を開発するヴイストンと業務提携を締結している。今回のMJIとの提携により、「Sota」のほか「Tapia」や「Type02」と、コミュニケーションロボットの開発が次々に加速していく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ■ニュース深掘り!■東京再開発に見た中小のビジネス機運

    ■ニュース深掘り!■東京再開発に見た中小のビジネス機運

  2. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

    【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

    【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  4. ■ニュース深堀り!■中国人向け電子マネーの囲い込み力!

  5. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  6. 三菱重工で航空機に命を懸けてきた男。米国から届いたメールとは

  7. 今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

  8. 日本の食に海外から熱視線!? 郷土料理やご当地ラーメンを外国人に売り込め!

  9. 海外へ売り込める日本の料理や食材は?

  10. 笹かまが貰える巨大ガチャ、5分で定員になる盛況…新商品PRで

アクセスランキングをもっと見る

page top