黒大豆を使った初の化粧品! 北海道浦幌町の畑作農家が開発 画像 黒大豆を使った初の化粧品! 北海道浦幌町の畑作農家が開発

インバウンド・地域活性

 北海道浦幌町の畑作農家・岡田愛啓さん(66)は、黒大豆の希少品種「黒千石」で化粧水とせっけんを開発した。イソフラボンやポリフェノールが豊富に含まれ、肌に張りや艶を与えるのが特徴。地元だけでなく札幌市内のデパートでも販売すると、半年で300点を売り上げ、販売店舗は今後も増える見通しだ。岡田さんによると「黒千石」を原料にした化粧品は初めて。

・イソフラボンやポリフェノールが豊富


 「黒千石」は収量が少なく栽培期間が長いため、一時期生産が途絶えていたが、栄養価が高いことから見直されてきた。

 42ヘクタールの畑作経営は息子の雅裕さん(37)に移譲し、岡田さんはもっぱら豆や豆加工品の販売を手掛ける。「黒千石」は2010年から70アールで栽培。今回は、化粧品開発を手掛けるクロワール(札幌市)と共同で開発を進め、昨年7月から「一黒(いっこく)の粧」シリーズとして売り出した。

 化粧水「一黒の水」は、いった「黒千石」から成分を抽出して製造、香料や着色料は使わない。肌に張りと艶を与える。せっけん「一黒の泡」は「黒千石」のきな粉を配合、保湿性に優れている。

 クロワールの沖中郁美代表は「化粧水は豆の皮ごと使って抽出した珍しい商品。せっけんは泡立ちが良く、泡のきめが細かくなる」と話す。

 購入者からは「しっとりとして使って良かった」「つっぱり感がなくなった」と評判で、岡田さんは「手応えを感じている。今度は大豆油を使ったクリームなどの開発に挑戦したい」と張り切る。

 「一黒の水」は1本(120ミリリットル)2500円(税別)、「一黒の泡」は1個(70グラム)1800円(同)。問い合わせはクロワール、(電)011(213)9911。

肌しっとり艶やか 黒大豆「黒千石」で初の化粧品 北海道浦幌町 岡田愛啓さん

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  4. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  7. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  8. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  9. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top