【回転窓】「安全不安」が大切 画像 【回転窓】「安全不安」が大切

マネジメント

 「備えあれば憂いなし」。現場の安全対策を進める上で、よく使われる言葉だ。事前に危険を予知し、万が一に備えて幾重もの安全対策を施し、事故を未然に防ぐ▼ただ、万全な対策をしたにもかかわらず、事故は起きる。人の「過信」や「油断」によって引き起こされる事故だ。「今まで大丈夫だったから」「自動制御だから」。そんな安心が逆に油断を呼び、事故につながる▼心理学者の山下富美代氏は「安全と安心はトレードオフの関係」という。高度技術の活用や徹底した安全対策は人々に安心感を与えるが、それが一方では油断にもつながる。ヒューマンエラーを防ぐには「緊張感と、適度な“安全不安”が大切だ」(『快適性って何だろう?』日刊建設工業新聞社刊)と▼厚生労働省が発表した労働災害発生状況(速報値)によると、15年の建設業の死傷者は1万4941人で前年比9・9%減だった。建設各社の安全対策が奏功した格好だが、一方で工事量が少なかったからという見方もある▼これから年度末にかけては追い込み工事が増える。最後まで「油断は禁物」と気持ちを引き締めてもらいたい。

回転窓/「安全不安」が大切

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

    大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  4. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  5. オオバ、生産緑地の活用策を提案するコンサル事業開始

  6. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  7. パシコンがダイバーシティーを本格化! 身近な働き方改革へ

  8. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  9. 国交省・海堀安喜建設流通政策審議官「量より質」重視

  10. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

アクセスランキングをもっと見る

page top