【凜】大建工業住空間事業部井波工場住機開発課・可児知里さん、感謝の気持ち忘れずに 画像 【凜】大建工業住空間事業部井波工場住機開発課・可児知里さん、感謝の気持ち忘れずに

人材

 小学生のころ、実家のリフォームが行われたのをきっかけに、建築に興味を持つようになった。「リフォームによって生活がこんなに快適になるなんて感動した」と当時を振り返る。その後、建築への情熱は冷めることなく高専、大学へと進んで建築を学んだ。
 学生時代の趣味は資格を取得することだった。現在は、2級建築士をはじめ、整理収納アドバイザー1級やカラーコーディネーター2級などの資格を持ち、日々の業務に役立てている。
 入社2年目を迎え、現在は一戸建て住宅の収納や公共・商業建築関連の製品開発を担当。収納関連のノウハウをまとめたウェブサイト「お片付けレシピ」の運営にも携わっている。「自分で図面を描いたものが実際に形として出来上がった時に大きなやりがいを感じる」。
 経験不足も痛感する毎日だという。「製品に使用するのは木材。伸縮や変形などを考慮して作らなければならない。経験から得られる知識も多く、さらに勉強を重ね早く一人前になりたい」と目を輝かせる。
 入社時は、製品にだけ向き合っているイメージを持っていたが、実際には先輩や工場の人たちのコミュニケーションを密にすることが何よりも重要だと感じるようになった。周囲の人からアイデアをもらうことも多く、常に感謝の気持ちを忘れないようにしている。「お客さまに快適な住環境を提供できる製品をさらに開発していきたい」。
 (かに・ちさと)

凜/大建工業住空間事業部井波工場住機開発課・可児知里さん/感謝の気持ち忘れずに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

    ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

  2. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

    「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  3. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

    社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

  4. 国交省の毛利信二事務次官が就任会見/働き方改革、担い手の確保や生産性向上を

  5. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  6. 社歌コンテスト大賞授賞式、AKB48 Team 8が会いに来た!

  7. ~社歌コン 応募社の横顔:1~スタッフが思わず泣いた社歌-清澄白川の美容室

  8. 国交省、北海道開発局と地方整備局で7人の局長を交代

  9. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  10. 三代目社長のHANJO記:第2話――従業員の心をつかむ社内改革

アクセスランキングをもっと見る

page top