竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復 画像 竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

マネジメント

 竹中工務店が26日発表した15年12月期の連結決算は、売上高が1兆2843億円(11・6%増)と3期連続で1兆円台を確保した。手持ち工事の進ちょくで完成工事高が積み上がり、増収に寄与した。単体の完成工事総利益(粗利益)率は2・8ポイント改善して8・6%。工事採算の改善を受けて連結、単体とも損益指標はすべて増益となった。単体の建設受注高は前期に海外の大型案件を受注した反動で9808億円(前期比10・5%減)と減少した。
 売上高の増加と粗利益率の改善により、売上総利益は連結が1227億円(前期比40・8%増)、単体が933億円(60・1%増)。連結の売上総利益が1200億円を超えたのは1998年以来17期ぶり。「建設事業の利益安定化に向けた取り組みの成果が徐々に現れてきた。今後も継続し、(粗利益率)9%台を目指す」(関谷哲也執行役員経営企画室長)としている。
 連結営業利益は前期比115・9%増の598億円。内訳は、建設事業481億円(前期158億円)、開発事業89億円(100億円)、その他26億円(17億円)。工事収益が改善したことで、「営業利益に占める建設事業の割合が80%(前期57%)まで高まった」(前澤洋介執行役員財務室長)という。
 16年12月期は連結が売上高1兆2650億円、営業利益630億円、単体の建設受注高は9800億円と予想。単体の粗利益率は9・1%を見込んでいる。

竹中工務店/15年12月期決算/売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 丸紅建材リース、新社長に内山元雄氏

    丸紅建材リース、新社長に内山元雄氏

  2. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  3. 生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

    生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

  4. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  5. 新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上

  6. 世界の自動車用樹脂市場、今後も拡大を予測

  7. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  8. 厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

  9. JR東日本/低炭素開発認証制度に参加/品川車両基地跡開発(東京都品川区)で

アクセスランキングをもっと見る

page top