竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復 画像 竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

マネジメント

 竹中工務店が26日発表した15年12月期の連結決算は、売上高が1兆2843億円(11・6%増)と3期連続で1兆円台を確保した。手持ち工事の進ちょくで完成工事高が積み上がり、増収に寄与した。単体の完成工事総利益(粗利益)率は2・8ポイント改善して8・6%。工事採算の改善を受けて連結、単体とも損益指標はすべて増益となった。単体の建設受注高は前期に海外の大型案件を受注した反動で9808億円(前期比10・5%減)と減少した。
 売上高の増加と粗利益率の改善により、売上総利益は連結が1227億円(前期比40・8%増)、単体が933億円(60・1%増)。連結の売上総利益が1200億円を超えたのは1998年以来17期ぶり。「建設事業の利益安定化に向けた取り組みの成果が徐々に現れてきた。今後も継続し、(粗利益率)9%台を目指す」(関谷哲也執行役員経営企画室長)としている。
 連結営業利益は前期比115・9%増の598億円。内訳は、建設事業481億円(前期158億円)、開発事業89億円(100億円)、その他26億円(17億円)。工事収益が改善したことで、「営業利益に占める建設事業の割合が80%(前期57%)まで高まった」(前澤洋介執行役員財務室長)という。
 16年12月期は連結が売上高1兆2650億円、営業利益630億円、単体の建設受注高は9800億円と予想。単体の粗利益率は9・1%を見込んでいる。

竹中工務店/15年12月期決算/売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

    リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  2. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  3. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  4. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  5. 新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上

  6. 8割超が粗利益率改善! 主要ゼネコン26社の15年4~9月期決算

  7. 公営住宅にコンセッションは困難、国交省の調査結果で

  8. 「儲かる会社がやっている、収支管理の手法セミナー」……大阪・東京で開催

  9. 建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に

  10. 医療・福祉施設向け「消臭塗料」 戸田建設など共同開発

アクセスランキングをもっと見る

page top