竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復 画像 竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

マネジメント

 竹中工務店が26日発表した15年12月期の連結決算は、売上高が1兆2843億円(11・6%増)と3期連続で1兆円台を確保した。手持ち工事の進ちょくで完成工事高が積み上がり、増収に寄与した。単体の完成工事総利益(粗利益)率は2・8ポイント改善して8・6%。工事採算の改善を受けて連結、単体とも損益指標はすべて増益となった。単体の建設受注高は前期に海外の大型案件を受注した反動で9808億円(前期比10・5%減)と減少した。
 売上高の増加と粗利益率の改善により、売上総利益は連結が1227億円(前期比40・8%増)、単体が933億円(60・1%増)。連結の売上総利益が1200億円を超えたのは1998年以来17期ぶり。「建設事業の利益安定化に向けた取り組みの成果が徐々に現れてきた。今後も継続し、(粗利益率)9%台を目指す」(関谷哲也執行役員経営企画室長)としている。
 連結営業利益は前期比115・9%増の598億円。内訳は、建設事業481億円(前期158億円)、開発事業89億円(100億円)、その他26億円(17億円)。工事収益が改善したことで、「営業利益に占める建設事業の割合が80%(前期57%)まで高まった」(前澤洋介執行役員財務室長)という。
 16年12月期は連結が売上高1兆2650億円、営業利益630億円、単体の建設受注高は9800億円と予想。単体の粗利益率は9・1%を見込んでいる。

竹中工務店/15年12月期決算/売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  2. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

    島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  3. 法務省が元受刑者雇用企業を入札で優遇する試行案件公告

    法務省が元受刑者雇用企業を入札で優遇する試行案件公告

  4. 人文・社会科学の書籍需要低下を懸念 日本出版者協議会

  5. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  6. 【回転窓】気の利いたジョーク

  7. 日建設計、専門研修と人事評価の制度を見直し

  8. 首相が厚生年金の未加入対策強化を指示、調査・加入勧奨へ

  9. 建設技能労働者の賃金引き上げ、国交省が業界団体に要請

  10. 規制強化はディーゼル車離れを起こす?……欧州自工会

アクセスランキングをもっと見る

page top