もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に 画像 もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

マネジメント

 帝国データバンクは29日、28万9937社を対象に後継者に関する調査結果を発表。後継者が不在の企業は66.1%にのぼり、前回の同様調査(2014年調査)よりも0.7ポイント上昇した。

 売上規模別にみると、規模の小さい企業ほど後継者の不在率が高まり、売上1000億円以上の企業の後継者不在率は25.0%であるものの、100~1000億円未満は41.1%、10~100億円未満は57.5%、1~10億円未満は68.5%で、1億円未満では78.2%となった。

 後継者がいると回答した企業に対し、後継者の属性を尋ねると、最も多かったのは「子供」で全体の38.6%を占めた。次いで多かったのは「非同族」で32.4%、3位は「親族」の20%、4位は「配偶者」の8.9%だった。

 これを前々回の同様調査(2011年調査)と比べると、「子供」と「親族」はほぼ変わらないものの、「配偶者」は2011年の16.8%から約半減。一方で、「非同族」が5.8ポイントも増加した。

 かつて後継者は身内が多かったが、「事業承継税制」など同族外の承継にも利用できるようになった政策が追い風に。“後を継いでくれるのであれば身内にこだわらない”という心境の変化がうかがえる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤/H14》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 【回転窓】外国人が見た日本の魅力

    【回転窓】外国人が見た日本の魅力

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. トヨタ首位陥落、新車販売はスバル以外7社が前年割れ……新聞からみる自動車業界

  5. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  9. 水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明

  10. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

アクセスランキングをもっと見る

page top