中小企業の初任給調査、地域によって首都圏との差が3万円弱も!? 画像 中小企業の初任給調査、地域によって首都圏との差が3万円弱も!?

マネジメント

 中小企業向けに各種の支援サービスを事業展開するエフアンドエムは29日、関連組織の中小企業総合研究所が同社サービス会員企業を対象に実施した初任給調査の結果を発表した。

 これによると、今春の4月に入社する2016年度新卒採用を予定している企業は31%にのぼる。従業員数の規模別にみると、従業員数5名以下の小規模事業所で採用ありと回答したのは13.3%にすぎず、6~10名以下は19.6%、11~30名以下は26.1%、31~100名以下は44.6%、101名以上は64.1%と、規模が大きくなるほど採用予定企業が多い結果となった。

 新卒採用の予定がある企業に初任給の金額を尋ねると、全体では18万3433円となり、従業員数の規模別では、5名以下が18万5514円、6~10名以下が18万6849円、11~30名以下が18万911円、31~100名以下が18万2748円、101名以上が18万8842円だった。

 さらに地域別にみると、首都圏が最も高く19万8146円で唯一の19万円台で、18万円台では中部・北陸が18万7757円、関東が18万6570円、近畿が18万6481円と続き、17万円台は中国・四国が17万6915円、九州・沖縄が17万3010円、7エリアで最も低かったのは北海道・東北で17万1844円となった。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  2. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

    いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  3. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  4. 新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上

  5. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  6. 第10次卸売市場整備基本方針で研究会、経営戦略の確立を

  7. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  8. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  9. 東京メトロ、日比谷線虎ノ門地区新駅で土木WTO入札公告

  10. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

アクセスランキングをもっと見る

page top