中小企業の初任給調査、地域によって首都圏との差が3万円弱も!? 画像 中小企業の初任給調査、地域によって首都圏との差が3万円弱も!?

マネジメント

 中小企業向けに各種の支援サービスを事業展開するエフアンドエムは29日、関連組織の中小企業総合研究所が同社サービス会員企業を対象に実施した初任給調査の結果を発表した。

 これによると、今春の4月に入社する2016年度新卒採用を予定している企業は31%にのぼる。従業員数の規模別にみると、従業員数5名以下の小規模事業所で採用ありと回答したのは13.3%にすぎず、6~10名以下は19.6%、11~30名以下は26.1%、31~100名以下は44.6%、101名以上は64.1%と、規模が大きくなるほど採用予定企業が多い結果となった。

 新卒採用の予定がある企業に初任給の金額を尋ねると、全体では18万3433円となり、従業員数の規模別では、5名以下が18万5514円、6~10名以下が18万6849円、11~30名以下が18万911円、31~100名以下が18万2748円、101名以上が18万8842円だった。

 さらに地域別にみると、首都圏が最も高く19万8146円で唯一の19万円台で、18万円台では中部・北陸が18万7757円、関東が18万6570円、近畿が18万6481円と続き、17万円台は中国・四国が17万6915円、九州・沖縄が17万3010円、7エリアで最も低かったのは北海道・東北で17万1844円となった。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国家戦略特区での企業の農地所有解禁、限定的に容認へ

    国家戦略特区での企業の農地所有解禁、限定的に容認へ

  2. 【解決!社長の悩み相談センター】第5回:脱サラ・起業は個人か法人か?

    【解決!社長の悩み相談センター】第5回:脱サラ・起業は個人か法人か?

  3. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

    五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  4. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  5. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

  6. 【建設業「命」の現場で・21】第4章われらの責任/ウイン・ウインは地域を巡る

  7. 新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表

  8. 鹿島ら3社が「地下トンネル長距離水中流動充てん材」開発…福島第1原発の汚染水対策

  9. 職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

  10. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

アクセスランキングをもっと見る

page top