あと約1か月、新入社員の受け入れ準備は大丈夫? 画像 あと約1か月、新入社員の受け入れ準備は大丈夫?

マネジメント

 中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営する中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」は29日、「新入社員を迎える準備はできていますか?」と題した特集コンテンツを公開した。

 中小企業にとって人材不足は大きな悩みの種。新卒採用で計画通りの人数を確保することが困難であるばかりか、せっかく採用した貴重な新人が入社後わずかな期間で退職してしまうケースも珍しくない。

 こうした課題を解消するべく、同特集には「新入社員の離職率を下げる」と題し、若い従業員の離職率を下げる、あるいは人材の定着率を高めるためのアドバイスをQ&A形式で紹介。一方、「精神面でのケアも必要です」というコンテンツでは、社員をストレスに強い人材に育てるための手法を伝授している。社員の定着率を高めるための方法として、社員のモチベーションアップ策もまとめた。

 その他、社員の定着率が平均より10%も高い企業について、人の活かし方を事例で紹介。若手を気にかける教育制度を取り入れているダイヤ精機や、従業員の失敗をとがめないダイキン工業の事例が大いに参考になる。入社式を約1か月後に控えたいま、新入社員の受け入れ態勢を万全にしたい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「成功するサービスの作り方」をテーマとした起業家向けイベント開催

    「成功するサービスの作り方」をテーマとした起業家向けイベント開催

  2. 中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

    中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

  3. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

    ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  4. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  5. 型枠大工の人数、4年ぶり回復…取り組み成果で若年層3割増

アクセスランキングをもっと見る

page top