第2回「日本ベンチャー大賞」受賞者決定! 大賞受賞は? 画像 第2回「日本ベンチャー大賞」受賞者決定! 大賞受賞は?

イベント・セミナー

 第2回「日本ベンチャー大賞」受賞者が決定し、26日に表彰式が行われた。全87件の応募の中から、「日本ベンチャー大賞(内閣総理大臣賞)」にはペプチドリームが選ばれている。

 ペプチドリームは、2006年に設立された東京大学発のベンチャー企業で、医薬品補助物質「特殊ペプチド」による創薬開発プラットフォームシステムを構築。がん細胞にピンポイントで効果を発揮し、副作用を抑えた抗がん剤の開発に寄与している。

 ほかにも5つの賞が設けられており、「ベンチャー企業・大企業等連携賞(経済産業大臣賞)」は、ヒト型ロボットや自動車の自動運転技術を開発するZMP、ZMPの自動運転技術を使いロボットタクシー事業に取り組むディー・エヌ・エー、ZMPの自動運転技術を活用した自律飛行ドローンの画像撮影・データ解析サービスを提供するソニーモバイルコミュニケーションズの3社が受賞した。

 その他、「女性起業家賞(経済産業大臣賞)」は一般向けに遺伝子解析サービスを提供するジーンクエストが、「グローバル展開賞(審査委員会特別賞)」はスマホを使い個人間でモノを売買できるフリーマーケットアプリを開発・提供するメルカリが、「社会課題解決賞(審査委員会特別賞)」は対話型eラーニングを事業展開するすららネットが、「イントラプレナー賞(審査委員会特別賞)」は社内で新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」を展開するソニーがそれぞれ受賞した。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤/H14》

編集部おすすめの記事

特集

イベント・セミナー アクセスランキング

  1. 【クリーニング店とゼンドラ:2】ビジネスマンのための洗濯講座

    【クリーニング店とゼンドラ:2】ビジネスマンのための洗濯講座

  2. NHK大河『真田丸』を中小企業の“生き残り劇”として見る

    NHK大河『真田丸』を中小企業の“生き残り劇”として見る

  3. 教育現場のICT、その最新動向とは?

    教育現場のICT、その最新動向とは?

  4. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

アクセスランキングをもっと見る

page top