民泊提供者に代わって本人確認など、フロント業務代行サービス開始 画像 民泊提供者に代わって本人確認など、フロント業務代行サービス開始

インバウンド・地域活性

 民泊サポートを行うbnbstationが、民泊事業者に代わって宿泊者の本人確認や鍵の受け渡しを行うリアル店舗を渋谷、京都、博多にオープンする。オープン日は3月3日。

 宿泊施設不足をカバーするため、導入が始まっている民泊。しかし、現在の民泊ではネット予約などだけで手続を行い、宿泊者と施設提供者が直接会うことがないケースも多い。また、ネット予約の際、本人確認書類の提出が行われることがあっても、予約者と宿泊者が同一人物かを確認することができないため、安全性の面で懸念がある。

 対面による確認作業は、フロントなどのない一般民家を貸し出す民泊の性質上難しい。また、チェックインやチェックアウトなどで施設提供者が都度訪問し、本人確認を取ることも困難だ。

 一方でフロントなどがなく、対面の機会がないことは利用者にとっても不安要素であり、荷物の一時預かりといったサービスも頼むことができない。

 今回スタートするのは、こうした不安要素をカバーするサービス。3か所の駅から徒歩5分圏内に店舗を設置し、対面で宿泊者の本人確認や鍵の受け渡し、宿泊者名簿の整備などを代行する。宿泊者に対しては、クロークサービスや観光案内、荷物の受け取り・配送なども行う。

 推進施策なども進む民泊だが、日本での浸透度はまだまだ。提供者となることを考えている人は、こうしたサービスの活用を検討してもいいだろう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

    殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  4. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  8. 千葉市新庁舎整備、延べ4.9万平米、敷地南側にL字型配置

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

アクセスランキングをもっと見る

page top