美味しい米、各地で増加…「特A」が過去最多の46銘柄に 画像 美味しい米、各地で増加…「特A」が過去最多の46銘柄に

インバウンド・地域活性

 日本穀物検定協会(穀検)は25日、2015年産米の食味ランキングを発表した。食味が最も良いとされる「特A」を取った産地品種銘柄数は46になり、過去最高だった前年(42)をさらに更新した。全体に占める特Aの割合も33%で前年比1ポイント増。注目の青森「青天の霹靂(へきれき)」、滋賀の「みずかがみ」も初めて特Aを獲得した。

44道府県の139産地品種銘柄を対象に評価した。今回初めて特Aを取った米はこの他、北海道「ふっくりんこ」、栃木「とちぎの星」、滋賀「秋の詩」、福井「あきさかり」、岐阜・美濃「コシヒカリ」、広島「ヒノヒカリ」、山口・県西「きぬむすめ」、宮崎・霧島「ヒノヒカリ」の10産地品種銘柄。特Aに選ばれたのは27道県に上り、過去最多を記録した。

 穀検は「良食味の新品種が相次いで誕生し、その作付け地域も広がり、特A数が増えた」とみる。

特A銘柄最多の46 「青天の霹靂」など初 米食味ランキング

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  9. サンケイビル、ホテル開発を加速/新ブランドで100億円超えを目指す!

  10. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top