国立大附属校や幼稚園の貧困問題など実態報告、3月にシンポ 画像 国立大附属校や幼稚園の貧困問題など実態報告、3月にシンポ

イベント

 国立大学附属の学校、幼稚園の貧困問題などについて研究している東京学芸大学の研究チームは3月22日に、研究成果を報告するシンポジウムを東京国際フォーラムで開く。

 東京学芸大によると、附属学校に通う子どもたちの世帯でも、保護者が勤務から解雇されたり、勤務先が倒産したりして、家計収入状況が激変することが増えているという。

 研究チームは附属の各校園で構成する団体、各校園のPTAで構成する団体の協力を得て実態調査を行っている。その結果に関する報告などがある。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

    【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

  2. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

    【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  3. ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

    ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

  4. 居酒屋が成長し続けるためには何が必要か?/外食ビジネスウィーク

  5. 【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン

  6. 【次世代農業EXPO】農業求人専門のサイト「あぐりーん」

  7. 全国小学校社会科研究協議会、来年2月に香川で研究大会

  8. つくばエクスプレス開業10周年記念式典開く

  9. 【農業ワールド】ハウスに行かずとも照明や散水……農業自働化システム

  10. 【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

アクセスランキングをもっと見る

page top