国立大附属校や幼稚園の貧困問題など実態報告、3月にシンポ 画像 国立大附属校や幼稚園の貧困問題など実態報告、3月にシンポ

イベント

 国立大学附属の学校、幼稚園の貧困問題などについて研究している東京学芸大学の研究チームは3月22日に、研究成果を報告するシンポジウムを東京国際フォーラムで開く。

 東京学芸大によると、附属学校に通う子どもたちの世帯でも、保護者が勤務から解雇されたり、勤務先が倒産したりして、家計収入状況が激変することが増えているという。

 研究チームは附属の各校園で構成する団体、各校園のPTAで構成する団体の協力を得て実態調査を行っている。その結果に関する報告などがある。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. Googleの提唱する働き方改革成功のポイント/ワークスタイル変革EXPO

    Googleの提唱する働き方改革成功のポイント/ワークスタイル変革EXPO

  2. デジタルサイネージで集客を確かなものにする!

    デジタルサイネージで集客を確かなものにする!

  3. スマホでのSNSをいかに集客、購買につなげるか?/販促ワールド

    スマホでのSNSをいかに集客、購買につなげるか?/販促ワールド

  4. スマートフォンから始める生産性向上!/店舗ITソリューション展

  5. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  6. 「完全自動運行ドローン」を業務活用する/国際ドローン展

  7. 【CHOフォーラム】企業価値向上に向けたCHO構想の実践

  8. 新しい“レンズ”で新しい価値をつくる/熱狂ブランドサミット2017

  9. 【ひろしまIT総合展】咀嚼による高齢者見守りシステム

  10. 3つのポイントをおさえ越境ECを成功させる/Japan IT WEEK

アクセスランキングをもっと見る

page top