東静岡駅南口に「文化力の拠点」施設、夏めどに基本計画 画像 東静岡駅南口に「文化力の拠点」施設、夏めどに基本計画

インバウンド・地域活性

 静岡県は16年度、東静岡駅周辺に計画している「文化力の拠点」施設整備事業について夏ごろをめどに基本計画を策定する。また、民間活力を導入する複数の整備手法を比較検討し手法を決定。事業者はプロポーザルで選定するため、事業提案審査委員会も設置するなど準備を進める。今後のスケジュールは未定だが、17年度までに事業者の公募手続きに入りたい考えだ。
 この事業は、東静岡から名勝日本平、三保松原に広がる地域の「陸の玄関口」となる東静岡駅南口の県有地(約2・4ヘクタール)に、県の高い文化力を発信する拠点施設を整備する。県は基本計画を策定するため昨年8月に学識者で構成する専門家会議(会長、伊藤滋東大名誉教授・早大特命教授)を設置。建物の施設計画(導入機能、規模、配置など)、外部空間のデザイン・景観(駅と施設を結ぶペデストリアンデッキ、オープンスペースや建物の緑化など)、整備・運営のあり方(PFI、PPPなど)について検討を進めている。本年度は3月に第3回会議を開催。16年度も2回程度開催し上期中を目標に基本計画を策定する。
 また、県は施設整備の検討に当たり、市場動向や民間資金を活用した事業手法の検討作業も進めている。調査はパシフィックコンサルタンツに委託。3月までに民間資金を活用する場合の法制度や諸条件、想定される事業手法、スケジュールなどをまとめる。これを基に16年度は各手法のメリット、デメリット、VFMなどを比較検討する。当初予算案には基本計画策定業務費や事業プロポーザル準備業務費として3000万円を盛り込んでいる。

静岡県/東静岡駅南口文化力の拠点施設整備/16年夏めどに基本計画策定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

    沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  3. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

    熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  4. 青森に1本だけ残っていた幻のリンゴ「カルヴィル・ブラン」、菓子用でブレイク!

  5. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  6. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  7. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  8. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  9. 年間赤字1億の宿を90日で再生! 大手も手つかずの小規模宿再生術/ワールドリゾートオペレーション

  10. 丼からはみ出る長さ、味も抜群のアスパラ天。高松市のうどん店

アクセスランキングをもっと見る

page top