東静岡駅南口に「文化力の拠点」施設、夏めどに基本計画 画像 東静岡駅南口に「文化力の拠点」施設、夏めどに基本計画

インバウンド・地域活性

 静岡県は16年度、東静岡駅周辺に計画している「文化力の拠点」施設整備事業について夏ごろをめどに基本計画を策定する。また、民間活力を導入する複数の整備手法を比較検討し手法を決定。事業者はプロポーザルで選定するため、事業提案審査委員会も設置するなど準備を進める。今後のスケジュールは未定だが、17年度までに事業者の公募手続きに入りたい考えだ。
 この事業は、東静岡から名勝日本平、三保松原に広がる地域の「陸の玄関口」となる東静岡駅南口の県有地(約2・4ヘクタール)に、県の高い文化力を発信する拠点施設を整備する。県は基本計画を策定するため昨年8月に学識者で構成する専門家会議(会長、伊藤滋東大名誉教授・早大特命教授)を設置。建物の施設計画(導入機能、規模、配置など)、外部空間のデザイン・景観(駅と施設を結ぶペデストリアンデッキ、オープンスペースや建物の緑化など)、整備・運営のあり方(PFI、PPPなど)について検討を進めている。本年度は3月に第3回会議を開催。16年度も2回程度開催し上期中を目標に基本計画を策定する。
 また、県は施設整備の検討に当たり、市場動向や民間資金を活用した事業手法の検討作業も進めている。調査はパシフィックコンサルタンツに委託。3月までに民間資金を活用する場合の法制度や諸条件、想定される事業手法、スケジュールなどをまとめる。これを基に16年度は各手法のメリット、デメリット、VFMなどを比較検討する。当初予算案には基本計画策定業務費や事業プロポーザル準備業務費として3000万円を盛り込んでいる。

静岡県/東静岡駅南口文化力の拠点施設整備/16年夏めどに基本計画策定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  4. ESRが兵庫県尼崎市に国内最大級の物流施設。延べ39万平米

  5. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  7. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  10. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top