下請け企業の技術開発など支援、東京都が最大1500万円の助成金 画像 下請け企業の技術開発など支援、東京都が最大1500万円の助成金

インバウンド・地域活性

 東京都と東京都中小企業団体中央会が「受注型中小企業競争力強化支援事業助成金」について、2016年度における第1回目の募集を開始する。

 同事業は都内中小企業の競争力強化を目的としたもので、自社の技術やサービス向上に向けた技術開発経費の一部を助成する。機械や生産技術の高度化、システム化、新たなサービスの開発などがターゲットだ。なお、対象となるのは下請け企業の技術開発などで、自社ブランドの最終製品、最終消費者向けサービスの開発は対象にならない。

 助成対象になるのは原材料や副資材費、機械装置費、外注加工費、技術指導受け入れ費、展示会出展費などで、助成率は対象経費の3分の2まで。上限金額は1500万円。2016年4月1日時点で2年以上事業を営んでいる中小企業者や、その中小企業者を代表とする中小企業グループが助成対象となる。

 3月9日から4月8日まで事前エントリーを受け付け、その後4月18日から4月22日まで申請書類の提出を受け付ける。申請に当たっての事前エントリーは必須。また、募集開始にあたって、3月9日を皮切りに都内各所で事業説明会が実施される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  4. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

  5. 建築物のひび割れ、ドローンで補修

  6. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  7. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

アクセスランキングをもっと見る

page top