下請け企業の技術開発など支援、東京都が最大1500万円の助成金 画像 下請け企業の技術開発など支援、東京都が最大1500万円の助成金

インバウンド・地域活性

 東京都と東京都中小企業団体中央会が「受注型中小企業競争力強化支援事業助成金」について、2016年度における第1回目の募集を開始する。

 同事業は都内中小企業の競争力強化を目的としたもので、自社の技術やサービス向上に向けた技術開発経費の一部を助成する。機械や生産技術の高度化、システム化、新たなサービスの開発などがターゲットだ。なお、対象となるのは下請け企業の技術開発などで、自社ブランドの最終製品、最終消費者向けサービスの開発は対象にならない。

 助成対象になるのは原材料や副資材費、機械装置費、外注加工費、技術指導受け入れ費、展示会出展費などで、助成率は対象経費の3分の2まで。上限金額は1500万円。2016年4月1日時点で2年以上事業を営んでいる中小企業者や、その中小企業者を代表とする中小企業グループが助成対象となる。

 3月9日から4月8日まで事前エントリーを受け付け、その後4月18日から4月22日まで申請書類の提出を受け付ける。申請に当たっての事前エントリーは必須。また、募集開始にあたって、3月9日を皮切りに都内各所で事業説明会が実施される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  9. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  10. 【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

アクセスランキングをもっと見る

page top