自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人 画像 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

インバウンド・地域活性

 ガーン、ガーン―。フジテックの工場は、ハンマーで加工物をたたく音が鳴り響く。同社は建築物の曲げ部材や配管のパイプなど、大小さまざまな鋼材の加工を手がける。2014年には川口商工会議所が市内優良企業の技術を認定する「川口i―waza(いいわざ)ブランド」に選定された。

 パイプ曲げは機械で行うが、同じ材料、同じ厚みでも硬さが違うため完全な自動化はできない。一般的な曲げ加工メーカーは機械加工後、そのまま納品するという。一方、同社は社内基準「曲げ寸法公差1ミリメートル」を満たすために、ハンマーなどで加工物をたたいて微調整している。藤田義昭専務は「見た目がきれいでも、寸法を測ると設計図とは違うことがある」と曲げ加工の難しさを語る。

 熟練の技の身に付け方について、入社28年目の藤田専務は「いいモノをつくりたい、という毎日の積み重ねが大切だ。まだまだやれることはある」と日々技術を磨いている。
<会社概要>
▽社長=藤田昭一氏▽所在地=埼玉県川口市、048・284・5103▽売上高=4億6000万円(15年12月期)▽従業員=36人▽創業=63年(昭38)1月
※日刊工業新聞では毎週火曜日に「モノづくり支える町工場の技」を連載中

「曲げ寸法公差1mm」を守るハンマー職人

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

    新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  4. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  7. 青森県平川市の新本庁舎建設設計/三角形のユニークなデザイン

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 【果物お土産ビジネス:4】全てはホームページから始まった!

  10. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

アクセスランキングをもっと見る

page top