ドコモ、SNSのクチコミテキストを自動翻訳するサービス 画像 ドコモ、SNSのクチコミテキストを自動翻訳するサービス

IT業務効率

 MWC 2016に出展するNTTドコモは、同社の新しい自動翻訳サービスとなるSNSのクチコミテキストの翻訳に特化したエンジンを開発。ブースでデモンストレーションを紹介している。

 ドコモでは「はなして翻訳」「てがき翻訳」などのサービスをモバイル端末向けに提供しているが、今回の新しい翻訳系サービスは現在開発が進められているもの。今後2020年の東京オリンピック開催に向けて、海外から日本に訪れる外国人観光客のために便利な翻訳サービスの充実を図る。

 SNSのクチコミテキストを翻訳する手順は、翻訳アプリをバックグラウンドで起動させた状態で、ブラウザアプリなどで口コミサイトを表示。画面を下から上にスワイプすると、タブレットやスマホの画面に現在映っている画面をスクリーンショットして、文字部分を抜き出して翻訳をかけるというもの。現在日本語から英・中・韓国語への翻訳ができるプロトタイプが用意されており、MWCで展示を行っている。翻訳エンジンはクチコミ系の文章表現に強いっものを使っているため、ある程度自然な文体の日常言語の翻訳がスムーズにできるようチューニングされているという。文字の分量やネットワーク環境にも依存するが、体感として翻訳にかかる時間はストレスのないスピード感だった。

 このほかにもスマホアプリとBLE対応のIoT機器などを連携させる独自のプラットフォーム「Linking」を紹介。日本では既にアプリや対応するデバイスの提供も始まっているサービスを欧州でも紹介し、良い感触を得ているという。

ドコモ、SNSのクチコミテキストを自動翻訳するサービス【MWC 2016 Vol.43】

《山本 敦》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

    ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  2. 建築現場にAIやロボット導入が加速/「予兆保全」ビジネスに商機!

    建築現場にAIやロボット導入が加速/「予兆保全」ビジネスに商機!

  3. 台湾E-LEADがHUD式カーナビを国内市場に投入

    台湾E-LEADがHUD式カーナビを国内市場に投入

  4. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  5. 五感を駆使する次世代ロボット研究、NEDOが着手

  6. EV使用済みバッテリーを家庭用蓄電池や充電器に再利用――4Rエナジー

  7. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  8. 熊本と台湾の小学校「ICTつながる学校」で国際交流、共同事業スタート

  9. サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

  10. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

アクセスランキングをもっと見る

page top