シャープ、鴻海が買収……従業員・技術・ブランド維持など課題 画像 シャープ、鴻海が買収……従業員・技術・ブランド維持など課題

マネジメント

 シャープは25日午前、臨時取締役会を開催。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業グループからの支援受け入れを決定した。産業革新機構および鴻海の2社と協議を行っていたが、最終的に鴻海により買収される形で、国内大手の電機メーカーが初めて外資傘下となった。

 これに基づき、シャープは第三者割り当てによる新株式の発行を同日発表。鴻海精密工業、同社子会社のFoxconn FE、Foxconn Technology、SIOを割当先に、普通株式約33億株を発行し約3,872億を調達する。さらに鴻海にC種種類株式約862万株を発行し約1,017億円を調達するとのこと。これにあたり鴻海は、1,000億円のデポジット(預かり金)を提供するとしている。さらに鴻海は、みずほ銀行および三菱東京UFJ銀行が保有するA種種類株式の半数を総額1,000億円で買い取る予定だ。

 産業革新機構はディスプレイ事業を分社化したうえで、3,000億円の資本注入を計画していたが、鴻海はディスプレイデバイス事業を含めた提案を行い、金額も大きく上回ったことから、シャープ側の決定に至った。また今後については、「経営の独立性」「一体性の維持」「従業員の雇用維持」「ブランド価値の重要性」「シャープの技術の保持」についても、充分な賛同を得られているという。

 調達した資金は、OKED事業化に向けた開発・設備投資(2,000億円)、ディスプレイデバイスカンパニーにおける中型液晶領域を中心とした高精細化・歩留まり改善投資(1,000億円)などに使われる予定。

シャープ、台湾の鴻海が買収……国内大手電機が初の外資傘下に

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

    ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

  2. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

    移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  3. ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

    ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

  4. 日野 レンジャー、新車型を追加…エコカー減税率拡大

  5. 大分県が「金融機関提案型資金」を創設、地元金融機関のノウハウを活用

  6. 完全週休2日制モデル工事を中部地方整備局が試行……入札参加者が任意で選択

  7. 公共建築積算で被災地のクレーン費高く、国交省調査で判明

  8. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  9. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  10. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

アクセスランキングをもっと見る

page top