“攻めの農業”のヒントが沢山!「N-1サミット2016」開催 画像 “攻めの農業”のヒントが沢山!「N-1サミット2016」開催

マネジメント

 優良農業者が集結し農業界の活性化を目指すイベント「N-1サミット2016」が3月8日、都内で開催される。主催はオイシックス株式会社(東京都品川区)。

 今回で7回目の開催となり、農業者を中心に約300名が集まる同イベント。TPPの大筋合意と署名をうけ、農作物の輸出拡大が求められていることから、テーマを「マーケティング」とした。攻めの農業を実現するための「外国人の味覚を知るセッション」、「農業界の成功者による発表」、「農業界以外からマーケティングのプロを招いてのパネルディスカッション」など、参加農業者がマーケティングについて学ぶイベントとなっている。

 「外国人の味覚を知るセッション」では、アメリカ・オーストラリア・ペルー・ベトナムなどのTPP加盟国の外国人の方を会場に招き、 日本の米や青果を食べ比べ。各国ごとの味覚について理解し、どのような食材が受け入れられるのかを体感する。

 また、消費者の”おいしい”という声を評価基準とする「農家・オブザイヤー」を発表。全国1000軒以上の農家の中から、“最も多くの消費者に感動を与えた農家”が発表、表彰される。

 開催日時は3月8日午後1時30分から。場所は品川区立総合区民会館「きゅりあん」。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

    地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  2. 【回転窓】気の利いたジョーク

    【回転窓】気の利いたジョーク

  3. 自社がネットで炎上したらどうする?――削除依頼方法などを解説した書籍発売

    自社がネットで炎上したらどうする?――削除依頼方法などを解説した書籍発売

  4. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  5. CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

  6. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  7. コベルコ建機社長に神戸製鋼所代表取締役副社長・楢木一秀氏

  8. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  9. 「The Wonder 500」始動――地方特産品を世界にアピールするプロジェクト

  10. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

アクセスランキングをもっと見る

page top