日本各地の魚介料理を満喫!“さかな祭”が日比谷公園で開催 画像 日本各地の魚介料理を満喫!“さかな祭”が日比谷公園で開催

インバウンド・地域活性

 東京都千代田区の日比谷公園・噴水広場に3月3日から6日まで、日本各地の魚介料理が集結する。「ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル2016 極旨!さかな祭」と題したイベントを主催するのは、ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル実行委員会。

 「来場者に魚の魅力やおいしさを提案し、日本の魚食推進に寄与すること」を目的として実施される同イベント。会場では全国各地の漁業協同組合を中心とした魚介類の料理を提供する「ご当地おさかなエリア」のほか、“超人シェフ倶楽部”が企画プロデュースする和洋中の魚介料理を堪能できる「一流シェフ料理エリア」が用意される。

 6日には「第3回Fish-1グランプリ」を同時開催。全国各地の旬の水産物を使った「漁師自慢の魚 プライドフィッシュ料理コンテスト」と「地域を元気にする 国産魚ファストフィッシュ商品コンテスト」が実施される。

 約10万人の来場が見込まれている同イベント。参加費は大人500円。小学生以下の子供は大人1名の付き添いにつき4名まで無料となっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【INBOUND JAPAN 2016】アジア発の訪日客をつかむ!

    【INBOUND JAPAN 2016】アジア発の訪日客をつかむ!

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  6. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  9. 【フォトレポート】日本一さびしい空港最寄駅!?

  10. VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学

アクセスランキングをもっと見る

page top