超高層の小規模増改築、既存部分の構造計算不要に…改正建基法 画像 超高層の小規模増改築、既存部分の構造計算不要に…改正建基法

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、改正建築基準法施行令の詳細な運用ルールを定める告示案をまとめた。高さ60メートル以上の超高層ビルや、2000年に同法からいったん削除された「旧38条大臣認定」を取得して建設されたスタジアムなどの大規模建築物について、増改築を促す規制緩和の詳細な適用ルールを規定。超高層の新たな規定では、増改築の床面積が小規模な場合、従来は増改築の規模に関係なく必要だった既存部分の構造計算を不要にする。
 改正施行令に基づいて見直す告示は、施行令と同じ6月1日に施行する。告示案に対する一般からの意見を3月19日まで受け付ける。
 今回の規制緩和では、超高層ビルや旧38条認定建築物の多くが更新期を迎えている中、既存の構造や設備などが最新法令に適合していなくても増改築を行えるようにする。
 全国に約3000棟ある超高層の増改築規制を緩和する改正告示案では、エキスパンションジョイントなど増改築部分と既存部分が緊結せずに接続できる工法を採用する際、増改築分の床面積が既存部分の20分の1以上~半分以下にとどまる場合、既存部分の構造計算を不要とする。竣工後に開業した最寄りの地下鉄駅との連絡通路やイベント広場などの設置を行いやすくし、運営収益源の多様化と来訪者の利便性向上を図る。
 旧38条認定ストックの増改築規制を緩和する改正告示案では、スタジアムへの適用を念頭に、3階建て以上の建築物に義務付けられる消防隊向けの非常用進入口の設置規制を撤廃する。消防車や救急車などがスムーズに消火・救援活動できる十分な広さと高さを兼ね備えた開口部やグラウンドなどの空間が確保できていることを規制緩和の主な適用条件とする。
 旧38条認定は、法令の枠を超えた革新的な構造や技術などの採用を個別の建築プロジェクトごとに大臣認定で特例的に認める仕組み。東京ドームなど1980~90年代に建設された多くの有名な大規模建築物に活用されている。今回の増改築規制の緩和は、38条認定が昨年6月に一部施行された改正法で15年ぶりに復活したことに対応した。それ以前は、既存の構造や設備などが最新の法令に適用しないケースが多く、老朽ストックの増改築が思うように進まない一因となっていた。

国交省/改正建基法施行令告示案/超高層の小規模増改築、既存部分の構造計算不要に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  3. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  4. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  5. 西宮駅南西地区再開発、37階建てなど3棟を計画

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top