宇都宮市の31階建て複合ビル着工、県内でもっとも高いビルに 画像 宇都宮市の31階建て複合ビル着工、県内でもっとも高いビルに

インバウンド・地域活性

 宇都宮市の宇都宮大手地区市街地再開発組合(和気幸雄理事長)は、再開発ビルの建設工事に着手した。18日に建設地近くの二荒山会館で関係者による起工式が行われた。設計・監理はアール・アイ・エーとAIU総合設計、施工は東武建設(栃木県日光市)・渡辺建設(宇都宮市)・中村土建(同)・増渕組(同)JVが担当する。参加組合員は住友不動産、フジタ、フージャスコーポレーションの3者。
 建設地はJR宇都宮駅西側の馬場通り3丁目の敷地約0・4ヘクタール。再開発ビルはRC一部S造地下1階地上31階建て延べ約2万9320平方メートルの規模となる。免震構造を採用。最高高さは約108メートルで栃木県内で最も高い建築物となる。
 1~2階に商業施設、3~30階に238戸の住宅を配置する。完成すればJR宇都宮駅西口では8カ所目の再開発ビルとなり、都心居住の促進による中心市街地活性化に寄与することが期待されている。

宇都宮大手地区再開発(宇都宮市)/31階建て複合ビルが着工/組合、栃木県内最高に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  3. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

    【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  4. 岐阜県・多治見駅南地区再開発計画、事業費228億円

  5. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  9. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  10. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

アクセスランキングをもっと見る

page top