無線LAN提供でわかる顧客情報を活用して売上アップを! 画像 無線LAN提供でわかる顧客情報を活用して売上アップを!

IT業務効率

 無線LANの導入で、オフィスや家庭の通信事情が変化し、機器をLANの範囲内で自由に動かせるといった効果は多くの人にもわかっていることだろう。では、店舗などで、無線LANの導入は売り上げの増加につながるのだろうか。

 東京・御茶ノ水のソラシティカンファレンスで開催されたセミナー「国内外事例に見る最新無線LAN活用術!」で、シスコシステムズの櫻井仁史氏が登壇。宿泊施設や店舗マーケティングの実例から、最新の無線LANソリューション活用法をレクチャーした。

■無線LANを用いたマーケティング

 店舗でも売上管理やPOSシステムなど通常の業務に無線LANは欠かせない。プラス店舗に来る顧客に向けた「おもてなし」として無線LANを活用できるのではないかと櫻井氏は話す。

 「まず言いたいのは、スマートフォンユーザーが増え、多くの人がさまざまな場所で『無線が使えて当たり前』と考えるようになっているということ。つまり無線を用意していないということが、マイナスイメージと考えられるようになってきている」

 では、店舗側がコストをかけて無線LANを用意するメリットはあるのだろうか。実は無線LANを提供することで、店舗には多くの情報が集まるのだと櫻井氏は力説する。「まずデバイスが店の前を通ったのが何人、近づいたのが何人、そして実際に自分の店舗のフリー無線を使ったのが何人かというのが、無線LANの管理画面でわかる」と、実際に管理画面を示しながら解説する。通行量調査のようにカウントしたり、ビデオで撮影して数えたりすることなく、こういったデータが簡単に手に入るのだという。

 「店舗のどのアクセスポイントに人が集まっているのか。大きな店舗ならば、どの売り場近くにアクセスが多いかなどが一目瞭然。マーケティングデータとして活用できる」とマーケティングの視点から重要な情報が集まることも示す。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  2. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

    【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  3. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

  6. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  7. 「ものづくり中小企業」の真のつよみ

  8. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  9. 日建連専門部会が洋上風力発電の促進で報告書。基地港湾と専用作業船必要、課題はコスト

アクセスランキングをもっと見る

page top