無線LAN提供でわかる顧客情報を活用して売上アップを! 画像 無線LAN提供でわかる顧客情報を活用して売上アップを!

IT業務効率

 無線LANの導入で、オフィスや家庭の通信事情が変化し、機器をLANの範囲内で自由に動かせるといった効果は多くの人にもわかっていることだろう。では、店舗などで、無線LANの導入は売り上げの増加につながるのだろうか。

 東京・御茶ノ水のソラシティカンファレンスで開催されたセミナー「国内外事例に見る最新無線LAN活用術!」で、シスコシステムズの櫻井仁史氏が登壇。宿泊施設や店舗マーケティングの実例から、最新の無線LANソリューション活用法をレクチャーした。

■無線LANを用いたマーケティング

 店舗でも売上管理やPOSシステムなど通常の業務に無線LANは欠かせない。プラス店舗に来る顧客に向けた「おもてなし」として無線LANを活用できるのではないかと櫻井氏は話す。

 「まず言いたいのは、スマートフォンユーザーが増え、多くの人がさまざまな場所で『無線が使えて当たり前』と考えるようになっているということ。つまり無線を用意していないということが、マイナスイメージと考えられるようになってきている」

 では、店舗側がコストをかけて無線LANを用意するメリットはあるのだろうか。実は無線LANを提供することで、店舗には多くの情報が集まるのだと櫻井氏は力説する。「まずデバイスが店の前を通ったのが何人、近づいたのが何人、そして実際に自分の店舗のフリー無線を使ったのが何人かというのが、無線LANの管理画面でわかる」と、実際に管理画面を示しながら解説する。通行量調査のようにカウントしたり、ビデオで撮影して数えたりすることなく、こういったデータが簡単に手に入るのだという。

 「店舗のどのアクセスポイントに人が集まっているのか。大きな店舗ならば、どの売り場近くにアクセスが多いかなどが一目瞭然。マーケティングデータとして活用できる」とマーケティングの視点から重要な情報が集まることも示す。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

    「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  2. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

    ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  3. 大林組の「現場ロボット溶接工法」、作業量は技能者の1.5倍!

    大林組の「現場ロボット溶接工法」、作業量は技能者の1.5倍!

  4. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  5. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  6. 三井住友建設、スマホ使いPC橋の計測・管理を省力化/専用アプリで機器を自動制御

  7. 滋賀県・JAおうみ富士とパナソニック、農薬判定や栽培データを共有・管理する農業管理システムの実証実験開始

  8. 横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

  9. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  10. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

アクセスランキングをもっと見る

page top