天井から冷気を輻射、中小向けの省エネ空調システム開発 画像 天井から冷気を輻射、中小向けの省エネ空調システム開発

インバウンド・地域活性

 清水建設は、中小規模オフィス向けの天井輻射(ふくしゃ)空調システムを開発した。天井内部の装置で生成した冷気の自然対流で天井面を冷却すると同時に、有孔天井パネルを介して冷気が室内側に染み出すことで空調する仕組み。静かで温度むらの少ない快適な室内環境を創出。通常の空調システムと比べ、ビル全体の消費エネルギーを約15%削減できるという。今後のZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)化ニーズの増大を見据え、中小規模オフィスにも導入しやすいローコストシステムとして積極提案する。
 天井輻射空調システム「S-ラジシステム・ライト」は、天井内部の冷却装置(チルドビーム)で生成した冷気の自然対流により天井面を冷却しつつ、天井面の金属製有孔パネルから室内側に染み出す冷気も併せて空調に利用するハイブリッド型の輻射空調システム。天井パネルの裏側に冷温水管を設置する天井輻射パネル方式の空調システムとは異なる。
 空気冷却コイルのチルドビームは16度程度の冷水を通すと周辺の空気を冷却し、20度程度の冷気を生成する。天井面積30~50平方メートルに1台の割合で配置。中小規模のオフィスに対応可能な1平方メートル当たり最大60ワット程度の冷房能力を発揮する。
 送風機などの空気搬送動力が不要。一般的な対流式の空調システムと比べて消費エネルギーを大幅に削減できる。人体に不快感を与える気流もなく、室内環境の快適性も高まる。
 一般的な空調方式では冷却コイルに必要な冷水温度が7度だが、新システムは16度程度と高いため、冷凍機などの熱源消費エネルギーも抑制。冷水生成に井水や地中熱など自然エネルギーを活用することで、消費エネルギーのさらなる削減効果が見込める。
 冷却部を天井面から分離・集約化したことで、天井輻射パネル方式と比べ、ローコスト化を実現。一般的なセントラル空調方式に代えて新システムを採用した場合、追加コストは建設費全体の2%程度にとどまるという。
 建築物省エネ法が4月に施行されるなど建築物の省エネ・ZEB化政策が加速する中、エネルギー効率の高い空調技術として輻射空調システムが期待されている。同社は12年竣工の本社ビル(東京都中央区)に、天井輻射パネル方式の空調システム「S-ラジシステム」を初適用。中小規模のオフィス向けに今回のシステムを開発した。

清水建設/中小オフィス向け輻射空調システム開発/消費エネ15%減、有孔パネル採用

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 宮城県利府町の文化複合施設建設、図書館やホールに円形のカフェも

    宮城県利府町の文化複合施設建設、図書館やホールに円形のカフェも

  3. 東京都経営革新優秀賞が決定、板金加工メーカーら6社が受賞

    東京都経営革新優秀賞が決定、板金加工メーカーら6社が受賞

  4. 奥山デザイン、担い手農家向け大型トラクター……ヤンマー

  5. 道路整備で観光客9万人増、熊本県がストック効果事例集公開

  6. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  7. 川崎・キングスカイフロント、客室200室のホテル建設!

  8. 国交省が地域モデル事業選定、担い手確保・生産性向上実現へ専門家チームが支援

  9. 東京23区、大学の新増設の抑制に反対/大学立地でまちづくりを

  10. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

アクセスランキングをもっと見る

page top