福島にロボット産業集積…ハコモノ化防止含め全体構想策定へ 画像 福島にロボット産業集積…ハコモノ化防止含め全体構想策定へ

インバウンド・地域活性

 経済産業省や福島県などはロボットや廃炉関連などの産業集積化に向けた検討を始めた。同県には大規模なロボット研究・実証設備などが導入されるが、現地に企業や研究機関などの進出が進まないと、これらは旧来式の“ハコモノ”と化す懸念がある。そこで必要な政策や各市町村ごとのグランドデザイン(全体構想)を策定し、5月末にも発表する計画だ。

 先週末に経産省内で、福島県での産業集積や周辺環境整備の検討会の初会合を開き、方向性を議論した。先行事例としてエネルギー分野などで産学拠点の育成に成功した北九州市を招き、地域住民の理解の重要性などを議論した。3月3日にも次回会合を開き、ロボットを使う側の企業などから要望を聞く。

 政府が2020年までに実現を目指す「福島県イノベーション・コースト構想」では100億円以上を投じ、同県の浜通り地域にロボットの実証や研究のための設備、廃炉用の模擬施設などを順次完成させ、先端産業の集積を目指している。

 検討会では企業誘致のほか、地元の企業や住民にも参加してもらう仕組み作りに着手する。また周辺地域にロボット特区を設置したり、県内の農林水産業に農業ロボットを試験導入したりできないかも検討する。

 地域資源を引き出した形で産業集積を進めることで、ハコモノ化を防ぐほか、実証設備の設置先に選ばれなかった市町村にも経済効果の波及を狙う。

福島にロボット産業集積へ―経産省など、5月にも全体構想

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  5. ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  6. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  7. 渋谷区宇田川町計画(大規模複合ビル)、井の頭通りが変わるか?

  8. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

  9. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  10. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

アクセスランキングをもっと見る

page top