20政令市の16年度予算案、投資的経費6.6%減、大型事業完了で抑制傾向 画像 20政令市の16年度予算案、投資的経費6.6%減、大型事業完了で抑制傾向

インバウンド・地域活性

 20政令指定都市の16年度当初予算案が19日までに出そろった。一般会計の総額は12兆7595億22百万円と前年度に比べ3・2%増加。景気の回復基調などを反映し、積極的な予算編成を打ち出す市が目立った。投資的経費の総額は6・6%減の1兆5318億44百万円。大規模な建設関連事業の完了などによる反動減で2~3割の大幅減となる市もあった。
 一般会計は川崎、相模原、さいたま、千葉、浜松、堺、福岡、熊本の8市が過去最大。うち千葉と福岡の両市は3年連続で過去最大を更新した。熊本市は10年連続のプラスで、当初予算額が初めて3000億円を超えた。
 公共工事などに充てる投資的経費が前年度当初予算比で2桁の大幅増となったのは、約3割の伸び率を示した札幌市のほか、1~2割増の堺、川崎、熊本、名古屋の4市。学校や庁舎など公共施設の改築、市街地再開発事業の支援などが押し上げ要因となっている。
 一方で、前年度からマイナスとなったのは過半数の12市に上り、全体的には公共投資の抑制傾向が浮き彫りになった。東日本大震災からの復興が進む仙台市については、災害公営住宅の建設と防災集団移転事業がほぼ終了するなど、復興関連事業の進展が減額要因に挙げられる。
 20市合計の一般会計に占める投資的経費の割合は12・0%。15年度当初予算より1ポイント超の低下となった。

20政令市/16年度予算案出そろう/投資的経費6・6%減、大型事業完了で抑制傾向

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

    「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  7. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  8. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top