支援学校の教室不足、いまだに深刻 画像 支援学校の教室不足、いまだに深刻

人材

 特別支援学校への就学を望む児童・生徒が増える一方で、教室不足はいまだに深刻であることが文科省の調査で分かった。

昨年10月1日現在で公立の特別支援学校を調べたところ、足りていた都道府県は石川、鹿児島の2県だけだった。不足数最多は神奈川県の304教室。1年前の調査と比べると、26道府県で改善したが、13都県は悪化した。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. ~社内コミュニケーションの秘訣~すべてはカンナがけから始まった/アキュラホーム

    ~社内コミュニケーションの秘訣~すべてはカンナがけから始まった/アキュラホーム

  3. ~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

    ~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

  4. 銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

  5. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  6. ゼネコン女性交流会、赤坂一丁目地区再開発工事現場で見学会

  7. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  8. 2016年新卒、就職人気企業ランキングまとめ

  9. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  10. ~社歌コン 応募社の横顔:4~1人でも社歌、人生を叫ぶ-岩手の自動車整備工

アクセスランキングをもっと見る

page top