鉄建、トンネル切羽を3Dデータ化、ステレオ写真測量技術を活用 画像 鉄建、トンネル切羽を3Dデータ化、ステレオ写真測量技術を活用

インバウンド・地域活性

 鉄建は、山岳トンネル工事で切羽の観察に使う新技術を開発した。ステレオ写真測量を活用した技術で、2枚以上の切羽の写真から切羽面を3次元(3D)化することで、立体的なデータを得られるようになる。切羽が変化する状況を分かりやすく連続的に把握できるのが特徴で、国土交通省近畿地方整備局が発注した「大和御所道路新田東佐味トンネル工事」をモデル現場に3Dデータの蓄積を進めている。
 トンネル掘削工事では、日々変化するトンネル切羽の状況を観察・記録・評価し、その後の掘削計画に反映させるなど、前方地山の予測が重要となる。従来は目視やスケッチ、写真撮影などの方法が中心だったが、2次元の情報しか得られず、複雑な地質構造や地質が変化に富む工事では評価が難しい場合がある。
 そこで同社は、カメラを左右に2台並べて、三角測量の原理で計測するステレオ写真測量を応用し、切羽面を3Dデータ化する手法を確立した。
 得られた3Dデータから切羽に出現する地質の変化点や亀裂面などの岩盤の凹凸形状をパソコン画面で再現することが可能で、現地に行かなくても机上で詳細な切羽の評価ができるようになる。
 地質の変化が連続する場合は、個々の切羽面の3Dデータを連続的に扱うことにより、その様子を立体的に可視化する。その状況から切羽前方の地山の状況を予測することができるという。
 切羽面の3Dデータを社内で共有し、現場技術者、地質の専門技術者、熟練トンネル技術者と一緒に現状の切羽の解釈や予想される変化などを検討するのにも役立つ。
 同社が施工するトンネル建設現場で積極活用して地質データの蓄積・整理を進め、類似した地質のトンネル工事にデータを活用していく。

鉄建/トンネル切羽を3Dデータ化/ステレオ写真測量技術を活用

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

    「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  9. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top