徳島でドローン輸送実験…国交省 画像 徳島でドローン輸送実験…国交省

インバウンド・地域活性

国土交通省は、過疎地での近未来のサービス実現に向けて無人航空機(ドローン)による貨物輸送実験を2月24日に実施すると発表した。

実験は、無人航空機を活用した買い物代行サービスの事業化を構想しているMIKAWAYA21と共同で、徳島県那賀町鷲敷地区で実施する。

今回は、早期事業化が期待される過疎地での実験を通じ、運搬時の貨物に与える衝撃度を計測するほか、地区住民への意識調査、事業化に向けた課題を洗い出し、必要な措置の検討や関係者の役割分担などの整理を進める。

実験飛行は、離陸地点から500m飛行し、畑地に着陸するルート。機体に貨物を搭載し、速度は3m/s程度、高度50m程度を飛行し、フライト数は1往復の2回。離着陸のみ手動操作とし、飛行は自動航行する。機体はブルーイノベーションの8軸ローターのマルチコプターを使用する。

無人航空機は、将来、人手を掛けずに、短時間で貨物を届けることのできる輸送手段として、公共交通機関が整備されていない過疎地などで期待されている。

過疎地でのドローン輸送、徳島で実験…国交通

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

    熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  7. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  10. 宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

アクセスランキングをもっと見る

page top