なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止 画像 なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

マネジメント

 東芝は22日に急きょ、メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue<ウェアビュー> TG-1」の発売中止を発表した。

 同製品は、1月13日付のプレスリリースにおいて、今月29日からの出荷開始を予定していた。今回の発表は発売時期の延期ではなく、発売を中止し、開発も行わないというもの。理由は、昨年12月21日に公表した「新生東芝アクションプラン」における経営施策である「事業ポートフォリオ及び事業運営体制の見直し」の一環だとしている。

 同社は現在、経営再建を進めており、パソコン事業も会社分割により切り離した形で効率的な計量経営を図る姿勢を示したばかりだ。日本を代表するメーカーの今回の動きが国内のものづくり産業に与える影響は決して少なくない。今度の展開も注視したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

    「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明

    水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  6. トヨタ首位陥落、新車販売はスバル以外7社が前年割れ……新聞からみる自動車業界

  7. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  10. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

アクセスランキングをもっと見る

page top