鹿児島市、16年度予算案にごみ焼却・バイオガス施設整備事業費 画像 鹿児島市、16年度予算案にごみ焼却・バイオガス施設整備事業費

インバウンド・地域活性

 鹿児島市は、DBO(設計・施工、維持管理・運営の一括発注)方式で計画している南部清掃工場ごみ焼却施設・バイオガス施設整備事業の事業者選定に向け、16年度当初予算案に関連事業費を計上した。予算が可決されればコンサルタントにアドバイザリー業務を委託し、要求水準書の作成などに着手する。同年度後半に入札公告を行い、17年度の半ばごろまでに落札決定する見通しだ。
 当初予算案にはアドバイザリー業務委託などの費用として2770万3000円を計上。別途、17年度までの限度額4266万円の債務負担行為も盛り込んでいる。
 事業者選定の詳細なスケジュールは今後詰めるがPFIなどと同様、実施方針を公表し、その後に入札公告を行う予定。落札決定後、17年度に契約を結び実施設計・施工に着手する。
 同事業では南部清掃工場のごみ焼却施設の建て替えと一体的にバイオガス施設を整備する。建設地は谷山港3の3の3の南部清掃工場敷地内の建て替え用地。
 対象施設の規模はごみ焼却施設が1日当たり約220トン(約110トン×2炉)、バイオガス施設が同約60トン(乾式メタン発酵、都市ガス原料供給)。建設費は約178億円を見込んでいる。維持管理・運営期間は20年または25年を想定しており、要求水準書を作成する中で決める。20年度の完成、21年度の稼働を目指す。
 基本設計と事業手法選定調査はパシフィックコンサルタンツが担当。

鹿児島市/ごみ焼却・バイオガス施設DBO/16年度予算案に支援業務委託費計上

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  5. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  6. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  9. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  10. 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

アクセスランキングをもっと見る

page top