【回転窓】完成後も続く街づくり 画像 【回転窓】完成後も続く街づくり

インバウンド・地域活性

 アークヒルズ(東京都港区)が3月末で開業30周年を迎えるそうだ。民間による日本初の大規模市街地再開発事業を森ビルが主導した。その後、六本木、表参道、虎ノ門などと続く「ヒルズ」の原点である▼完成までの道のりは長い。同社がここに土地を取得したのが1967年というから、そこから数えれば来年で半世紀。地元住民と対話を重ねながらの取り組みは、「都市づくりは人づくり」と捉えることもできるだろう▼多彩な機能を融合させた都市モデルは、30年を経過した今も成長を続ける。開発当時23・3%だった緑被率は43・5%へと倍増。敷地内の庭園では、都心にいながら四季を感じることができる▼住民に密着しながらも、外部から人を呼び込むさまざまな仕掛けで多様なコミュニティーを育んだ。街づくりは完成して終わりではなく、完成後も続いていくということを実践している▼インフラは適切に維持管理を行えば長持ちさせることができる。街も手間暇かけて運営することが、その魅力を高めて活力を生み、持続可能なものにする。アークヒルズ30年の歴史が、そのことを教えてくれる。

回転窓/完成後も続く街づくり

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

  8. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  9. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  10. 奥村組、地下鉄筋コンクリートの耐震補強新工法開発

アクセスランキングをもっと見る

page top