ネットに「土木博物館」開設へ、東京のインフラ解剖など 画像 ネットに「土木博物館」開設へ、東京のインフラ解剖など

インバウンド・地域活性

 土木学会は、一般市民向けにインフラの役割などを分かりやすく紹介するインターネット上の博物館「土木博物館」(略称・ドボ博)を6~7月に開設する。土木の全領域を扱う日本初のオンライン博物館になる。開設に向けて予告映像を流す専用サイト(http://dobohaku.com/)を立ち上げた。
 ドボ博は、同学会が昨年度に100周年記念事業として立ち上げた「土木デジタルミュージアム」を全面的に更新する形で新たに開設する。
 土木になじみのない人たちにも楽しんでもらえるよう2~3分の実写映像を作り、土木インフラの魅力を伝える。東京・四谷の同学会内にある土木図書館が運営するデジタルアーカイブの資料や図面、写真などを最大限に活用。単なる仮想空間の構築だけではなく、構造物の位置情報も充実させ、興味を持った人たちに構造物に足を運んでもらう工夫も凝らす。
 オープニング企画のテーマは「東京インフラ解剖」。鉄道網を血管、築地中央卸売市場を胃袋に例えるなど東京のインフラを人体組織に見立て、構造物の内容などを紹介しながら、インフラの役割や魅力を伝える趣向だ。1年に1回程度のペースでテーマを更新していくという。
 18日に同学会で記者会見した土木デジタルミュージアム運営小委員会の北河大次郎委員長は「知的好奇心、想像力、遊び心に満ちあふれた展示を行いたい」と話した。

土木学会/ネットに「土木博物館」開設へ/日本初、6月にも

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  6. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. 「みかんブリ」で地域活性!宇和島プロジェクトの秘策

  10. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top