コーラにビール、飲料にも桜の季節…各地メーカーが桜味続々 画像 コーラにビール、飲料にも桜の季節…各地メーカーが桜味続々

インバウンド・地域活性

 桜のシーズンを前に桜フレーバーの飲料が各地のメーカーから発売される。

 静岡産緑茶を使った緑色のコーラ「しずおかコーラ」やうなぎエキス入りの「うなぎコーラ」といった尖った飲料を発売している静岡県の木村飲料は、2月23日から「さくらコーラ」を発売する。ピンク色の見た目だけでなく、日本の桜エキスを実際に配合し、和のテイストでまとめたコーラだ。「しずおかコーラ」や富士山の天然水を使った白い「富士山頂コーラ」に続く、“和コーラ”シリーズ第3弾に位置づけている。

 地ビールを手がける神奈川県のサンクトガーレンは、「サンクトガーレン さくら」を2月25日から4月初旬にかけての期間限定で販売する。こちらは長野県伊那市高遠の桜の花と葉を使ったビールだ。

 開発のきっかけは秋冬限定で販売している焼リンゴビール「アップルシナモンエール」。長野県伊那市産のリンゴを使用しており、その縁で伊那市長から同市のもう1つの名物である高遠の桜を使ったビールの開発を要望され、2011年から試作を開始した。桜の酢をヒントに、花よりも香りが強い葉も活用することで桜風味のビールを完成させ、2012年に頒布会限定ビールにラインナップ。2013年からは一般販売をスタートし、今年で4年目の販売となる。

 桜餅をはじめ、桜は目だけでなく舌でも楽しまれる春の味。日本らしいテイストとして飲料の世界でも可能性が広がっているのかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 大阪万博誘致、テーマは「未来社会のデザイン」、建設費は1250億円

    大阪万博誘致、テーマは「未来社会のデザイン」、建設費は1250億円

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  8. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  9. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top