コーラにビール、飲料にも桜の季節…各地メーカーが桜味続々 画像 コーラにビール、飲料にも桜の季節…各地メーカーが桜味続々

インバウンド・地域活性

 桜のシーズンを前に桜フレーバーの飲料が各地のメーカーから発売される。

 静岡産緑茶を使った緑色のコーラ「しずおかコーラ」やうなぎエキス入りの「うなぎコーラ」といった尖った飲料を発売している静岡県の木村飲料は、2月23日から「さくらコーラ」を発売する。ピンク色の見た目だけでなく、日本の桜エキスを実際に配合し、和のテイストでまとめたコーラだ。「しずおかコーラ」や富士山の天然水を使った白い「富士山頂コーラ」に続く、“和コーラ”シリーズ第3弾に位置づけている。

 地ビールを手がける神奈川県のサンクトガーレンは、「サンクトガーレン さくら」を2月25日から4月初旬にかけての期間限定で販売する。こちらは長野県伊那市高遠の桜の花と葉を使ったビールだ。

 開発のきっかけは秋冬限定で販売している焼リンゴビール「アップルシナモンエール」。長野県伊那市産のリンゴを使用しており、その縁で伊那市長から同市のもう1つの名物である高遠の桜を使ったビールの開発を要望され、2011年から試作を開始した。桜の酢をヒントに、花よりも香りが強い葉も活用することで桜風味のビールを完成させ、2012年に頒布会限定ビールにラインナップ。2013年からは一般販売をスタートし、今年で4年目の販売となる。

 桜餅をはじめ、桜は目だけでなく舌でも楽しまれる春の味。日本らしいテイストとして飲料の世界でも可能性が広がっているのかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「高校野球」が教えてくれる、サービス業型産業の成長性

    「高校野球」が教えてくれる、サービス業型産業の成長性

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  5. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】精密機器メーカーが国内唯一の「ハンドベル」を作るようになった理由――群馬県・アプリ

  10. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

アクセスランキングをもっと見る

page top