新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上 画像 新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上

マネジメント

 人材採用コンサルタントのジョブウェブが、2017年新卒採用についてのアンケートを行った。このアンケートによると新卒採用を行う7割以上の企業が、選考解禁の6月より前に内定出しを開始する予定だという。

 この調査は1月26日から2月1日にかけて、2017年新卒採用試験を行う企業70社を対象に行ったもの。2015年12月に経団連が新卒採用指針として6月に選考を解禁することを発表したことを受け、今年の各社の採用スケジュールを調査している。

 調査によると本選考の開始時期としてもっとも多かったのは3月で全体の31.4%。ついで2月・4月がともに15.7%となっており、2月から4月までに本選考を開始する企業が全体の62.8%を占める結果となった。

 また、2015年5月以前もしくは夏期にインターンシップを実施した23社に絞ると、2015年12月以前に本選考を開始したと回答した企業が26.1%と最多。早期から選考を開始している傾向が見られる。

 内定出しの時期を見ると、4月と6月が20%でもっとも多い結果に。ついで3月が18.6%、5月が14.3%となっており、5月までに内定出しを行う企業は合計で74.4%にのぼった。

 なお、採用人数が少ない企業ほど、5月以前の内定出しを行う傾向にあるとのこと。採用人数30人以下の企業では、81.2%が5月以前の内定出しを開始する予定としている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

    「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

  2. 過半数の企業が女性社員の活躍・定着に積極的!課題はあるものの業績向上に影響

    過半数の企業が女性社員の活躍・定着に積極的!課題はあるものの業績向上に影響

  3. 【外食ビジネスウィーク2015】水圧を落とさず最大95%の節水が可能、超節水ノズル「Bubble90」

    【外食ビジネスウィーク2015】水圧を落とさず最大95%の節水が可能、超節水ノズル「Bubble90」

  4. 社内起業家(イントレプレナー)という考え方

  5. 国交省、ランダム係数を用いた入札価格減額措置を是正

  6. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  7. 会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

  8. 【倒産情報】中小企業レジャー機構負債69億円以上で特別清算開始

  9. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

アクセスランキングをもっと見る

page top