新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上 画像 新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上

マネジメント

 人材採用コンサルタントのジョブウェブが、2017年新卒採用についてのアンケートを行った。このアンケートによると新卒採用を行う7割以上の企業が、選考解禁の6月より前に内定出しを開始する予定だという。

 この調査は1月26日から2月1日にかけて、2017年新卒採用試験を行う企業70社を対象に行ったもの。2015年12月に経団連が新卒採用指針として6月に選考を解禁することを発表したことを受け、今年の各社の採用スケジュールを調査している。

 調査によると本選考の開始時期としてもっとも多かったのは3月で全体の31.4%。ついで2月・4月がともに15.7%となっており、2月から4月までに本選考を開始する企業が全体の62.8%を占める結果となった。

 また、2015年5月以前もしくは夏期にインターンシップを実施した23社に絞ると、2015年12月以前に本選考を開始したと回答した企業が26.1%と最多。早期から選考を開始している傾向が見られる。

 内定出しの時期を見ると、4月と6月が20%でもっとも多い結果に。ついで3月が18.6%、5月が14.3%となっており、5月までに内定出しを行う企業は合計で74.4%にのぼった。

 なお、採用人数が少ない企業ほど、5月以前の内定出しを行う傾向にあるとのこと。採用人数30人以下の企業では、81.2%が5月以前の内定出しを開始する予定としている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

    上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  2. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

    伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  3. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

    超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  4. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  5. ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

  6. 京都の伝統と革新を“和える”若き女性起業家の思い

  7. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  8. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  9. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  10. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

アクセスランキングをもっと見る

page top