【HCJ2016】万人受けを目指さない“庭のホテル東京の「おもてなし」” 画像 【HCJ2016】万人受けを目指さない“庭のホテル東京の「おもてなし」”

インバウンド・地域活性

■ホテルの“個性”
 同ホテルのモチーフは、日常の延長線上にある「上質な日常」。心がけているホテル像として「なんらかの(ホテルにとっての)個性を素晴らしいと思ってくれる方が来てくださるホテルがいいホテルと思います」と語る木下氏。「ものすごく好きと思っていただける方は、お知り合いにホテルの宣伝をしてくれるんです」と口コミでホテルの魅力が広がる仕組みについて語り「『まあまあいい』かなって思うホテルに対してではなく『ものすごくいい』と思ってくださるからこそ」と述べた。

■本当の「おもてなし」
 講演の表題でもあり、昨今スポットのあたる「おもてなし」という言葉について、木下氏は「あくまでも私個人としてはそんなに好きじゃない」と言い“至れり尽くせり”のサービスが本当に“客目線のサービス”であるのかと自問。これまでのホテル運営において「リーズナブルな価格で最大限に気持よく泊まっていただける宿泊施設をつくる」ことを大切にしてきたと語った。

 多くの宿泊関係者が耳を傾けた木下氏の講演。この日、千葉県から訪れたというホテル関係者は「とても勉強になるいい話が聞けました」と満足した表情を見せた。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  2. 取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

    取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

  3. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  4. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  5. 富裕層インバウンドの法則その8

  6. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  7. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  8. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  9. 三菱地所がホテルと空港事業を強化/専門事業グループ新設

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top