【HCJ2016】万人受けを目指さない“庭のホテル東京の「おもてなし」” 画像 【HCJ2016】万人受けを目指さない“庭のホテル東京の「おもてなし」”

インバウンド・地域活性

 2月16日から19日まで東京ビッグサイトで開催されているHCJ2016。ホテル・旅館・観光・各種施設の「国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)」、 給食・中食・弁当の「フード・ケータリングショー(CATEREX JAPAN)」、 厨房・フードサービスの「厨房設備機器展(JAPAN FOOD SERVICE EQUIPMENT SHOW)」が同時に開催され、各業界の関係者が商談に訪れている。

 同イベントでは、インバウンドビジネスや企業の海外進出に関する多数のセミナーを実施。会場に設置されたセミナーブースでは、聴衆が講師の話を熱心に聞き、最新の知見を学んでいた。

■「庭のホテル東京の『おもてなし』」
 17日、会場内の特設セミナー会場で「庭のホテル東京の『おもてなし』」と題して行われた庭のホテル東京の木下彩総支配人(株式会社UHM代表取締役社長)による講演。近年、外国人観光客から高い評価を受け、各媒体のホテルランキングで常時上位に挙がる同ホテルについて語るセミナーは、立ち見が出る盛況ぶりを見せた。

■あえて万人受けを目指さない
 2009年にオープンし、宿泊客は「欧米やオースラリアの外国人観光客の方が多い」という同ホテル。木下氏はトリップアドバイザーなどの口コミサイトで軒並み高評価を受けている同ホテルを運営する上で、「あえて万人受けを目指さないことを意識しています」と言い「もちろん万人にとってベストなホテルのを作ることができればベストだと思いますけども、それは難しい」。「万人が『まあまあいい』と思うものは、万人にとって『まあまあいい』けれど『ものすごくいいもの』にはならないかと思います」と、同ホテルのポリシーを語る。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top