建築物のひび割れ、ドローンで補修 画像 建築物のひび割れ、ドローンで補修

インバウンド・地域活性

 建物などの点検に加え、補修にもドローンが活躍し始める。芝浦工業大学土木工学科の伊代田岳史准教授と西武建設が共同で、ドローンによる建造物補修の仕組みを構築した。

 人が入りづらい場所や届きづらい場所にも容易に移動できるドローンは、カメラ撮影や打音調査による建造物のひび割れチェックなどでの活躍を期待されており、開発が進んでいた。今回の仕組みは、こうした点検ドローンが発見したひび割れをドローンによって補修するもので、業界初の事例となる。

 開発されたのは、コンクリート構造物に水や補修材を散布する仕組み。試作機は既存のドローンを改良したもので、2リットルタンクに水や補修材を入れ、それを4本のノズルから散布できる。ノズルは散布角度を調整できるほか、先端を回すことで水流や水圧を変えることが可能。従来からある農薬散布ドローンとは異なり、上下左右の方向にピンポイントで散布ができることが特徴だ。

 これまでは海上や高い場所の橋梁などの構造物補修には、大がかりな準備が必要だったが、足場の設置などを必要としないドローンなら手軽に補修が行える。足場の設置・撤去コストの削減や作業員の安全確保も狙えるとのことだ。

 試作機による実験では1平米あたり平均18.3秒で水などの散布が可能だったが、現段階では人力に比べてムラが生じやすく、補修材の無駄が出やすいという課題がある。今後は散布精度の向上や自律補修技術の開発を進めるほか、点検ドローンとの連携も検討しながら実用化をめざしていく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

    高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  2. 新宿コマ劇前広場を見つめてきた歴史的ビルが変身、VR体験ゾーンに

    新宿コマ劇前広場を見つめてきた歴史的ビルが変身、VR体験ゾーンに

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

  7. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. みなとみらい21の「横浜グローバルMICE」、国際競争力強化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top