地域と協力で学校運営、千葉県立京葉高校がコミュニティ・スクールに 画像 地域と協力で学校運営、千葉県立京葉高校がコミュニティ・スクールに

インバウンド・地域活性

 千葉県教委は学校運営協議会を設置する県立学校に千葉県立京葉高校を指定する。期間は平成28年4月1日から31年3月31日の3年間。同校は全日制の普通科。

 学校運営協議会に準じた推進委員会の設置による試行、学校職員と地域住民の理解と協力関係の構築、生徒の地域貢献活動や企業、関係機関との連携による教育力の向上など地域と連携した活動に取り組む。

 県立高校のコミュニティ・スクール指定は多古高校、長狭高校、浦安高校に次いで4校目。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  2. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

    豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  5. 日本女子大学、目白キャンパス新図書館棟/設計は妹島和世氏

  6. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  7. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top