地域と協力で学校運営、千葉県立京葉高校がコミュニティ・スクールに 画像 地域と協力で学校運営、千葉県立京葉高校がコミュニティ・スクールに

インバウンド・地域活性

 千葉県教委は学校運営協議会を設置する県立学校に千葉県立京葉高校を指定する。期間は平成28年4月1日から31年3月31日の3年間。同校は全日制の普通科。

 学校運営協議会に準じた推進委員会の設置による試行、学校職員と地域住民の理解と協力関係の構築、生徒の地域貢献活動や企業、関係機関との連携による教育力の向上など地域と連携した活動に取り組む。

 県立高校のコミュニティ・スクール指定は多古高校、長狭高校、浦安高校に次いで4校目。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. 【コト消費化するインバウンド:3】美容サロン、日本の流行を感動に!

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top