地域と協力で学校運営、千葉県立京葉高校がコミュニティ・スクールに 画像 地域と協力で学校運営、千葉県立京葉高校がコミュニティ・スクールに

インバウンド・地域活性

 千葉県教委は学校運営協議会を設置する県立学校に千葉県立京葉高校を指定する。期間は平成28年4月1日から31年3月31日の3年間。同校は全日制の普通科。

 学校運営協議会に準じた推進委員会の設置による試行、学校職員と地域住民の理解と協力関係の構築、生徒の地域貢献活動や企業、関係機関との連携による教育力の向上など地域と連携した活動に取り組む。

 県立高校のコミュニティ・スクール指定は多古高校、長狭高校、浦安高校に次いで4校目。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 富裕層インバウンドの法則その5

    富裕層インバウンドの法則その5

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 富裕層インバウンドの法則その2

  6. 富裕層インバウンドの法則その3

  7. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  8. 小田原箱根商議所が平成の城下町・宿場町構想を発表、江戸時代の景観復活へ

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

アクセスランキングをもっと見る

page top