地域と協力で学校運営、千葉県立京葉高校がコミュニティ・スクールに 画像 地域と協力で学校運営、千葉県立京葉高校がコミュニティ・スクールに

インバウンド・地域活性

 千葉県教委は学校運営協議会を設置する県立学校に千葉県立京葉高校を指定する。期間は平成28年4月1日から31年3月31日の3年間。同校は全日制の普通科。

 学校運営協議会に準じた推進委員会の設置による試行、学校職員と地域住民の理解と協力関係の構築、生徒の地域貢献活動や企業、関係機関との連携による教育力の向上など地域と連携した活動に取り組む。

 県立高校のコミュニティ・スクール指定は多古高校、長狭高校、浦安高校に次いで4校目。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

    CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  3. JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

    JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

  4. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  5. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  6. 羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も

  7. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  10. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top