田辺大根など伝統野菜をあめに…大阪の製菓会社 画像 田辺大根など伝統野菜をあめに…大阪の製菓会社

インバウンド・地域活性

 あめで「なにわの伝統野菜」を応援したい――。大阪府堺市のさくらフーズ(株)が製造販売する、伝統野菜を原料にしたあめが人気だ。「田辺大根」「天王寺蕪(かぶら)」など8種類あり、「手作り工房 堺あるへい堂」というブランド名を付けて展開する。あめは、府が認証する「なにわの伝統野菜」入りで、質感や味を残そうと種類によって乾燥粉末を練り込んだ。あめを通して「伝統野菜の魅力を知ってほしい」との願いを込める。
 考案したのは、同社統括部長の岡田明寛さん(58)。大阪市の製菓店であめ作りの修業を経て、3年前に堺市で工房を立ち上げた際、「特徴がある商品を作りたい」と考えた。岡田さんは、農家らでつくる「なにわの伝統野菜応援団」にも所属し、原料は市内の契約農家から仕入れている。

 後継者も生まれた。2月から修業を始めた山香尚樹さん(37)は「早く作り方を覚えて技術を継承したい。あめで地域活性化に貢献したい」と張り切る。今後は農家と相談しながら種類を増やしていく計画だ。

 価格は1袋(5個入り)200円。店頭や堺市の観光案内所、関西国際空港などで販売する。

伝統野菜 あめで応援 「魅力を知って」 大阪の製菓会社

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  2. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

    豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  5. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  6. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  7. 日本女子大学、目白キャンパス新図書館棟/設計は妹島和世氏

  8. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top