田辺大根など伝統野菜をあめに…大阪の製菓会社 画像 田辺大根など伝統野菜をあめに…大阪の製菓会社

インバウンド・地域活性

 あめで「なにわの伝統野菜」を応援したい――。大阪府堺市のさくらフーズ(株)が製造販売する、伝統野菜を原料にしたあめが人気だ。「田辺大根」「天王寺蕪(かぶら)」など8種類あり、「手作り工房 堺あるへい堂」というブランド名を付けて展開する。あめは、府が認証する「なにわの伝統野菜」入りで、質感や味を残そうと種類によって乾燥粉末を練り込んだ。あめを通して「伝統野菜の魅力を知ってほしい」との願いを込める。
 考案したのは、同社統括部長の岡田明寛さん(58)。大阪市の製菓店であめ作りの修業を経て、3年前に堺市で工房を立ち上げた際、「特徴がある商品を作りたい」と考えた。岡田さんは、農家らでつくる「なにわの伝統野菜応援団」にも所属し、原料は市内の契約農家から仕入れている。

 後継者も生まれた。2月から修業を始めた山香尚樹さん(37)は「早く作り方を覚えて技術を継承したい。あめで地域活性化に貢献したい」と張り切る。今後は農家と相談しながら種類を増やしていく計画だ。

 価格は1袋(5個入り)200円。店頭や堺市の観光案内所、関西国際空港などで販売する。

伝統野菜 あめで応援 「魅力を知って」 大阪の製菓会社

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

    羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 福岡県柳川市の市民文化会館、コンセプトは「水上に浮かぶ柳川の舞台」

  5. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  6. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 北海道新幹線手稲トンネルの計画変更/高架橋部分を地下化、「札樽トンネル」に

  9. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  10. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

アクセスランキングをもっと見る

page top