グローバル日本ブランドランキング、8年連続1位は? 画像 グローバル日本ブランドランキング、8年連続1位は?

制度・ビジネスチャンス

 インターブランドは2月17日、グローバル日本ブランドランキングTop40を発表した。8年連続でトヨタ自動車の「Toyota」が1位となり、三菱UFJフィナンシャル・グループの「MUFG」が初めてランクインした。

 グローバル日本ブランドランキングは、日本発のブランドを対象にそのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもの。今回で8回目の公表となる。Top40のブランド価値合計金額は158,968百万ドルにのぼる。

 上位5位は、1位「Toyota」、2位「Honda」、3位「Canon」、4位「Nissan」、5位「Sony」。8年連続1位のToyotaをはじめ、Honda(2位)、Nissan(4位)、Lexus(9位)、Bridgestone(11位)、Suzuki(14位)、DENSO(25位)、Isuzu(31位)、MitsubishiMotors(35位)と11の自動車関連ブランドがTop40にランクインした。

 MUFGは海外売上高比率30%以上の「グローバル基準」をクリアし、今回グローバルランキング6位にランクイン。このほか、DENSO(25位)、Isuzu(31位)、Olympus(32位)、Kikkoman(33位)、Kubota(34位)、MitsubishiMotors(35位)、Makita(37位)、Ajinomoto(38位)、Fujifilm(39位)、Casio(40位)が今回初めてランキング入りした。

 また、同日発表された「ドメスティック日本ブランドランキングTop40」は、1位「NTT DOCOMO」、2位「SoftBank」、3位「au」、4位「SMFG」、5位「Recruit」であった。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

    JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 葬儀件数増も規模は縮小、葬祭ビジネス市場はどうなる?

    葬儀件数増も規模は縮小、葬祭ビジネス市場はどうなる?

  4. 2016年の休廃業・解散企業、過去最高の2万9583件。倒産の3.5倍

  5. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  6. ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測

  7. 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

  8. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

  9. IBMとNPO、中高生向けIoTの授業プログラムを開発!

  10. 人気も価格も安定の銘柄豚、スーパーのファン拡大へ

アクセスランキングをもっと見る

page top