グローバル日本ブランドランキング、8年連続1位は? 画像 グローバル日本ブランドランキング、8年連続1位は?

制度・ビジネスチャンス

 インターブランドは2月17日、グローバル日本ブランドランキングTop40を発表した。8年連続でトヨタ自動車の「Toyota」が1位となり、三菱UFJフィナンシャル・グループの「MUFG」が初めてランクインした。

 グローバル日本ブランドランキングは、日本発のブランドを対象にそのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもの。今回で8回目の公表となる。Top40のブランド価値合計金額は158,968百万ドルにのぼる。

 上位5位は、1位「Toyota」、2位「Honda」、3位「Canon」、4位「Nissan」、5位「Sony」。8年連続1位のToyotaをはじめ、Honda(2位)、Nissan(4位)、Lexus(9位)、Bridgestone(11位)、Suzuki(14位)、DENSO(25位)、Isuzu(31位)、MitsubishiMotors(35位)と11の自動車関連ブランドがTop40にランクインした。

 MUFGは海外売上高比率30%以上の「グローバル基準」をクリアし、今回グローバルランキング6位にランクイン。このほか、DENSO(25位)、Isuzu(31位)、Olympus(32位)、Kikkoman(33位)、Kubota(34位)、MitsubishiMotors(35位)、Makita(37位)、Ajinomoto(38位)、Fujifilm(39位)、Casio(40位)が今回初めてランキング入りした。

 また、同日発表された「ドメスティック日本ブランドランキングTop40」は、1位「NTT DOCOMO」、2位「SoftBank」、3位「au」、4位「SMFG」、5位「Recruit」であった。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

    誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  5. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  6. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  7. ~健康経営が生む新ビジネス:1~“チャットで健康相談”にニーズ

  8. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  9. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  10. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

アクセスランキングをもっと見る

page top