鳥取県/県立中央病院建替(鳥取市)/6月に4分割で入札公告 画像 鳥取県/県立中央病院建替(鳥取市)/6月に4分割で入札公告

インバウンド・地域活性

 鳥取県は、鳥取市江津の現在地で建て替える県立中央病院の建設工事を、6月に建築と設備の4件に分割して入札公告する予定だ。WTO対象の総合評価一般競争入札を採用し、9月にも落札者を決定する見通し。15日に公表した16年度当初予算案に工事費等18億30百万円を盛り込んだ。総事業費は266億8990万円(うち工事費265億0126万円)で、このほか医療機器等整備に60億円を想定している。設計は日建設計・安本設計事務所JVが担当した。
 新病院棟の規模はSRC・S・RC造(免震構造)11階(塔屋1階)建て延べ5万0900平方メートルで、現在より87床多い518床を確保。救命救急医療、周産期母子医療、がん医療の強化を図るため、PET-CT室、ハイブリッド手術室、ロボット支援施術室、強度変調放射線治療(IMRT)室などを新設する。建て替え整備事業では外来棟の改修も行う。
 事業スケジュールは、新病院建設工事(建築、電気、空調、衛生の4工種に分割)に9月ごろをめどに着手、18年7月完成、同10月のオープンを目指す。18年度後半には外来棟の改修を行い、19~20年度で本館を解体し駐車場を整備する。
 事業費は工事費が265億0126万8000円、工事監理費が1億6277万4000円。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  8. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  9. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  10. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

アクセスランキングをもっと見る

page top