15年の建設業労災/死亡14・5%減/厚労省 画像 15年の建設業労災/死亡14・5%減/厚労省

マネジメント

 厚生労働省は、2015年(1~12月)に発生した労働災害件数(2月速報値)をまとめた。建設業の死亡者は前年比14・5%減(53人減)の313人。先行して1月にもまとめた速報値と比べ3人増えた。1度に3人以上が死傷した「重大災害」による死亡者は、1月の速報値と同じ38・7%減(12人減)の19人だった。
 いずれも前年を下回ったが、同省労働基準局安全衛生部安全課建設安全対策室は速報値時点での結果について分析していない。同省は4月下旬ころに15年の労災件数の確報値を公表する予定だ。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

    日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  3. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

    ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  4. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  5. 国土交通省「年末年始の輸送に関する安全総点検」…今年はテロ対策なども

  6. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  7. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  8. 農水省や生産・流通業界、「豚肉・牛乳・乳製品」で輸出戦略

  9. オオバ、生産緑地の活用策を提案するコンサル事業開始

  10. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

アクセスランキングをもっと見る

page top