15年の建設業労災/死亡14・5%減/厚労省 画像 15年の建設業労災/死亡14・5%減/厚労省

マネジメント

 厚生労働省は、2015年(1~12月)に発生した労働災害件数(2月速報値)をまとめた。建設業の死亡者は前年比14・5%減(53人減)の313人。先行して1月にもまとめた速報値と比べ3人増えた。1度に3人以上が死傷した「重大災害」による死亡者は、1月の速報値と同じ38・7%減(12人減)の19人だった。
 いずれも前年を下回ったが、同省労働基準局安全衛生部安全課建設安全対策室は速報値時点での結果について分析していない。同省は4月下旬ころに15年の労災件数の確報値を公表する予定だ。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

    カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  2. 国交省・池田技術審議官「生産性向上」「情報化施工を一般化」

    国交省・池田技術審議官「生産性向上」「情報化施工を一般化」

  3. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  4. 鋳造業界に新風を吹き込めるかー譜面を図面に持ち替えた4代目社長の挑戦(前編)

  5. オオバ、生産緑地の活用策を提案するコンサル事業開始

  6. 【訃報】山田綜合設計、星野会長死去…人・環境に優しい建築づくり目指す

  7. KDDIの電力小売事業「auでんき」来春スタート

  8. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top