カラオケボックスを貸し会議室に! 伊藤忠が空き部屋レンタル事業 画像 カラオケボックスを貸し会議室に! 伊藤忠が空き部屋レンタル事業

マネジメント

 伊藤忠商事はカラオケ事業会社と組んで、カラオケボックスを活用した貸し会議室事業に乗り出す。子会社の専門予約システムを通じて、日中に空き部屋を低料金で貸し出す。カラオケボックスの利便性や少人数かつ短時間から利用できる点を訴求し、主に個人事業主や保険・不動産投資などの個人向け営業担当者に売り込む。サービス対応店舗の拡大なども進め、1年後に店舗数50店舗、売上高1500万円を目指す。

 伊藤忠インタラクティブ(東京都港区)が、カラオケ機器メーカーのエクシング(名古屋市瑞穂区)、カラオケボックス「JOYSOUND(ジョイサウンド)」を運営するスタンダード(東京都港区)と提携。このほど銀座や品川、渋谷など都内のジョイサウンド5店舗30部屋を確保し、会議室向け利用サービス「ROOM K」の提供を始めた。

 同サービスは伊藤忠インタラクティブが開発した予約システムを通じて、空き部屋を検索・予約する。利用者はパソコンやスマートフォンで、カラオケ店側が事前登録した空き部屋の中から、場所や利用時間などの条件に合った空き部屋を選べる。当日からの予約が可能なほか、部屋の利用料金を通常時の20%引きで利用できる。

 利用料金は2000円台からで、大手喫茶店が展開する貸し会議室サービスに比べて半額程度に抑えられる。今後、サービス対応店舗の全国展開に加え、ほかのカラオケ事業者との協業も進める。

 昨今、外出先での打ち合わせや会議の必要性が高まっているが、一般的な貸し会議室は少人数では割高となることが多い。中には喫茶店で行うケースもあるが、情報漏えいリスクや座席確保の必要性がある。伊藤忠では、個室ならではのセキュリティー性の高さやアクセスの良さなどから、カラオケボックスを会議室として活用できると判断した。

カラオケボックスを貸し会議室に。伊藤忠が空き部屋レンタル事業

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

    パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

  3. 建設業の倒産、15年は25年ぶり低水準に…14.1%減

    建設業の倒産、15年は25年ぶり低水準に…14.1%減

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

  6. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  7. 家電量販店、量から質へ戦略転換? “格安”ネットと差別化

  8. 竹中工務店の1~6月期決算、売上高が7期ぶり6000億円超

  9. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  10. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top