インドネシア経済の現状を知るセミナー開催、東京 画像 インドネシア経済の現状を知るセミナー開催、東京

海外進出

「インドネシア最新経済動向セミナー」が開催
2016年3月8日、東京・赤坂のアーク森ビル5階のジェトロ本部展示場にて、日本貿易振興機構(ジェトロ)と公益財団法人国際金融情報センター(JCIF)が共催で「インドネシア最新経済動向セミナー」が開催される。

ジェトロとJCIFのインドネシア地域を担当する専門家から、インドネシアに関する経済概況と予測、インドネシアに既に進出している日本企業のビジネス動向について講演予定だ。

恵まれたビジネス環境のインドネシアを知る絶好の機会
参加費は、JCIFの会員は無料。農林水産情報研究会やジェトロの会員は、1口につき先着2名までが無料で、3人目より税込み4000円必要となる。一般からの参加も可能で、税込み4000円となっている。

定員は150名。同セミナーへの参加には、ジェトロホームページ内のイベント申し込みサイトにて必要事項を登録する必要がある。申し込み締め切りは、2016年3月3日午後5時。

インドネシアは、政治情勢が安定しており、人口は約2億4000万人を誇る。2014年秋にはジョコ・ウィドド新政権が発足したことで、積極的な経済関連政策を遂行し、更なる経済成長を目指している。

そのような、恵まれたビジネス環境と魅力的な市場規模から、日本やASEAN域内のみならず、世界から一目置かれる存在となっている。同セミナーは、注目を集めるインドネシアの最新情報を知る絶好の機会だ。

(画像はイメージです)
《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

    ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  2. 株式会社グローバルウェイ、ミャンマー飲食店向けのクラウドサービスへ出資

    株式会社グローバルウェイ、ミャンマー飲食店向けのクラウドサービスへ出資

  3. 長野のトピーファスナー工業、南北アメリカの自動車需要拡大見込みメキシコに新工場

    長野のトピーファスナー工業、南北アメリカの自動車需要拡大見込みメキシコに新工場

  4. 中国人の対日感情が改善? 日本レストラン利用が韓国を逆転

アクセスランキングをもっと見る

page top