“一宮モーニング”がブランド化、地域の商工会議所発の地域団体商標では第一号に 画像 “一宮モーニング”がブランド化、地域の商工会議所発の地域団体商標では第一号に

インバウンド・地域活性

 中部経済産業局は16日、一宮商工会議所より申請のあった地域団体商標「一宮モーニング」を商標登録したと発表した。商工会議所による登録は、同産業局の管内では初の事例となる。

 地域団体商標制度とは、地域のブランドの保護と信用性の向上を目的としたもの。従来は困難だった“地域名+商品・サービス名”からなる商標を登録できるように、平成18年4月から導入された。平成26年8月1日からは登録主体の範囲が、商工会、商工会議所、NPO法人まで拡充されている。

 一宮モーニングとは、愛知県一宮市の喫茶店で提供されているモーニングサービスのこと。コーヒーなどの飲料をオーダーすると、トーストやゆで卵、サラダなどがサービスとして提供される。中には、サンドイッチやホットドック、ご飯、スパゲティ、焼きそばなどを用意することもあり、そのほとんどが無料で提供されているとのことだ。

 公式サイト「一宮モーニング」では今回の登録を受けて、同ブランドのさらなる知名度の向上を目指すと発表。地元喫茶店のモーニングサービスを地域資源と捉え、このおもてなし文化の発信を今後も進めていくとのことだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 気仙沼湾横断橋の上部工で初弾発注、補正予算に工事費を計上

    気仙沼湾横断橋の上部工で初弾発注、補正予算に工事費を計上

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  5. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  8. 都市型ホテル「東急ステイ」全国展開へ、地方へのインバウンドに対応

  9. 東京圏国家戦略特区の追加へ、提案されたのは歌舞伎町のほかどのエリア?

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top