日本の食を世界へ! パソナ農援隊がパリにプロモショップ開設 画像 日本の食を世界へ! パソナ農援隊がパリにプロモショップ開設

海外進出

 2013年にユネスコの無形文化遺産に「和食」が登録されたほか、訪日外国人客が年々増加して15年に年間1973万人へと達する中、日本食や日本の食材に対する外国人からの関心は高まりつつある。

 そこで、人材派遣のパソナグループで農業分野の人材育成サポート事業を展開するパソナ農援隊は16日、日本各地から集めた醤油や味噌などの調味料をはじめ、各種の香辛料、麺類などの加工食品と、米を中心とした農産品等をプロモーションするショップ「Le Salon de Chef」を開設する。

 同ショップはフランスのパリ市内中心部に位置する、日本酒バーや和食レストランが一体となった施設「La Maison du Sake」内に併設。商品の展示や販売のほか、試飲や試食もできる常設型の施設だ。また、パソナ農援隊がフランスのレストランへ直接、商品説明やサンプルの提供などを行うプロモーション活動も展開する。

 パリは欧州を中心に世界中の人々が行き交う大都市であるだけに、フランス人はもちろん世界各国・地域の人に日本食や日本の食材の魅力をPR。アウトバウンドのビジネスチャンスの創出を目指す。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ、鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

    イチゴの長距離船便に対応するパッケージ、鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  4. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  5. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  6. PGEが国際物流強化、インドネシア現法の営業を開始!

  7. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

  8. マレーシア-シンガポール間の高速鉄道、JR東などが施工に名乗り

  9. 豊島、インビスタとインドネシアでの機能性ポリエステルなどの販売代理店契約を締結

  10. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

アクセスランキングをもっと見る

page top