リース会社から初受注! 国産初ジェット旅客機「MRJ」 画像 リース会社から初受注! 国産初ジェット旅客機「MRJ」

インバウンド・地域活性

 三菱航空機は16日、同社が開発する小型ジェット旅客機「MRJ」が、米航空機リース会社のエアロリースとの間で20機の受注が基本合意に至ったと発表した。早期に正式契約を締結する予定で、これが確定すれば同機にとってリース会社からは初の受注となる。

 基本合意の内容は20機で、このうち確定10機、オプションが10機。納入は2018年に開始する予定だが、これについて同社はホームページで「今回の基本合意は、MRJの資産価値がマーケットで認められた証であり、今後のエアライン向けの受注活動にも大きく寄与するものと考えています。」と、森本浩通社長のコメントを掲載している。

 同機の受注はこれまで407機にのぼり、エアロリースとの契約が確定すれば、合計受注機数は427機に。このうち、確定233機、オプション170機、購入権24機となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

    月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 東京都中央区、都市整備方針を転換/定住人口回復で、ホテルや生活支援施設を後押し

  6. 日本の農畜産物、インバウンド向けのお土産に/特産品で活性化

  7. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  8. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  9. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top