リース会社から初受注! 国産初ジェット旅客機「MRJ」 画像 リース会社から初受注! 国産初ジェット旅客機「MRJ」

インバウンド・地域活性

 三菱航空機は16日、同社が開発する小型ジェット旅客機「MRJ」が、米航空機リース会社のエアロリースとの間で20機の受注が基本合意に至ったと発表した。早期に正式契約を締結する予定で、これが確定すれば同機にとってリース会社からは初の受注となる。

 基本合意の内容は20機で、このうち確定10機、オプションが10機。納入は2018年に開始する予定だが、これについて同社はホームページで「今回の基本合意は、MRJの資産価値がマーケットで認められた証であり、今後のエアライン向けの受注活動にも大きく寄与するものと考えています。」と、森本浩通社長のコメントを掲載している。

 同機の受注はこれまで407機にのぼり、エアロリースとの契約が確定すれば、合計受注機数は427機に。このうち、確定233機、オプション170機、購入権24機となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  3. ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

    ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

  4. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  5. 急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

  6. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  7. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top